知らなかった…実は打ち切りになっていたアニメ11作品

アニメの中にはいつの間にか打ち切りになったアニメがあります。たいていの場合制作スピードが間に合わなかったり、不適切な表現があったりと大人の事情が絡んできます。今回はそんな打ち切りになってしまった作品をピックアップしてみました。どんな作品がランクインしているのか見てみましょう。

■質問内容

打ち切りになったとは知らなかったアニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:機動戦士ガンダム 20.0%

2位:まいっちんぐマチコ先生 17.0%

3位:名犬ラッシー 16.0%

4位:魁!!男塾 14.0%

5位:ゲームセンターあらし 10.0%

5位:はいからさんが通る 10.0%

5位:タイムボカンシリーズ・イタダキマン 10.0%

5位:機動新世紀ガンダムX 10.0%

9位:蒼き流星SPTレイズナー 7.0%

9位:RGBアドベンチャー 7.0%

9位:伝説巨神イデオン 7.0%

 

■シリーズを作り上げたあの作品も打ち切りになっていた!?「機動戦士ガンダム」

今回ピックアップする作品は「機動戦士ガンダム」です。この作品は今も続くアニメガンダムシリーズの最初の作品です。知らない人はいないくらい有名な作品で、放送されたのは1970年代です。ロボットアニメというジャンルで名作となり、今もガンダムをベースにした作品があります。

そんな機動戦士ガンダムですが、実は打ち切りになっていたのです。もともと初回からそこまで好調ではなかったこの作品は視聴率を上げるために「やられメカ」を登場させたり、新しいMSを出したりして何とか対策しようとしました。しかし対策もあまり効果的ではなかったようで視聴率がそこまで上がりませんでした。この視聴率低迷は関連商品への影響も大きく出ていました。

そしてさまざまなテコ入れもむなしく全52話だった放送も43話で打ち切りとなったのです。しかし打ち切りが決まった後で人気が出始めました。最終回で死ぬ予定だったアムロは今後のガンダムのシリーズ化や続編に影響が出ると踏んで取りやめになりました。特に中高生を中心に人気が出てアニメ雑誌でも熱心に取り上げて特集記事を組んでさらに人気が出ました。

結局43話打ち切りは覆りませんでしたが、放送が終わった後も人気が出て再放送が決定しました。それ以降も放送を繰り返し、皆に浸透するまでになったのです。1980年代に放送されたときは視聴率もかなり高く記録しました。さらに関連商品であるガンプラも飛ぶように売れ、劇場版の公開も追い風となり社会現象にまでなりました。意外と知らない方も多いので気になった方はぜひ一度「機動戦士ガンダム」を見てみてください。

2018年8月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る