けいおんも!原作を超えてしまったアニメ11作品!

アニメには原作がつきものです。漫画やライトノベルなどが原作となっており、他にもアニメオリジナルというものもあります。しかし、アニメの中に映像にしたことによってさらに面白くなる作品があるのです。今回はそんなアニメの中でも原作を超える面白さを持った作品をピックアップしてみました。どんな作品がランクインしているのか見てみましょう。

■質問内容

原作を超えてしまったアニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:けいおん! 18.0%

2位:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 13.0%

3位:らき☆すた 12.0%

4位:ロクでなし魔術講師と禁忌教典 9.0%

4位:侵略!イカ娘 9.0%

6位:WORKING!! 8.0%

7位:銀河英雄伝説 7.0%

7位:妹さえいればいい。 7.0%

7位:咲-Saki- 7.0%

10位:ノーゲーム・ノーライフ 6.0%

10位:魔法少女リリカルなのは 6.0%

 

■京都アニメーションによってさらに人気アニメとなった「けいおん!」

今回注目した作品は「けいおん!」です。この作品はまんがタイムきららで連載されていた四コマ漫画が原作となっています。アニメとして放送されたのは、一期が2009年で二期が2010年です。どちらも30分のアニメとして放送されました。アニメ化をしたのは京都アニメーションという制作会社です。京都アニメーションは「らきすた」や「涼宮ハルヒの憂鬱」などを手掛けた会社で、名作となるアニメを数多く手がけてきました。

圧倒的な作画で、映像化するため視聴者にも受けが良く、可愛いキャラクターはさらに可愛く描かれます。そんなアニメ制作会社が手掛けた作品の一つが「けいおん!」です。「けいおん!」の舞台はとある女子高で、主人公は新しくこの学校に入学した平沢唯です。

この学校で、軽音楽部を作り、平沢唯を中心に秋山澪、田井中律、琴吹紬の部活風景や日常生活を描いた作品です。二期は二年生になったメンバーの元に新しく後輩が入ってきます。その後輩である中野梓もかなり可愛く人気のあるキャラクターです。さらに文化祭では、「放課後ティータイム」というバンドで曲を発表します。そのライブ風景も作画のクオリティが高く有名です。

京都アニメーションが手掛けたことにより。作品のキャラクターは良く動き、可愛いキャラクターはさらに可愛く描かれていました。一期から注目を浴びており、大人気のまま放送が終わりました。それ以降も劇場版が公開され、かなりの人気を誇ったアニメです。気になる方はぜひ見てみてください。

2018年7月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る