貞子も!最強に怖かった日本のホラー映画ランキング

怖いとわかっているのに、なぜか観たくなってしまうのが「ホラー映画」ではないでしょうか。

「最強に怖かった日本のホラー映画ランキング」を見てみましょう。

■質問内容

最強に怖かった日本のホラー映画はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:リング(主演:松嶋菜々子) 37.0%

2位:呪怨(主演:奥菜恵) 24.0%

3位:着信アリ(主演:柴咲コウ) 20.0%

4位:らせん(主演:中谷美紀) 16.0%

5位:貞子3D(主演:石原さとみ) 9.0%

6位:クロユリ団地(主演:前田敦子) 6.0%

7位:黒い家(主演:大竹しのぶ) 4.0%

7位:回路(主演:麻生久美子) 4.0%

9位:残穢ー住んではいけない部屋ー(主演:竹内結子) 3.0%

10位:輪廻(主演:優香) 2.0%

10位:サイレン~FORBIDDENSIREN~(主演:市川由衣) 2.0%

10位:感染(主演:佐藤浩市) 2.0%

10位:冷たい熱帯魚(主演:神楽坂恵) 2.0%

10位:女優霊(主演:柳憂怜) 2.0%

●第1位は、「リング(主演:松嶋菜々子)」です。

個人的な体験として、はじめ「リング」はテレビドラマで観ました。
それまで原作の小説も読んだことがなかったのですが、今までにないストーリー展開に驚いたのを覚えています。

その後、更に怖さが増したようで、映画「リング」は「松嶋菜々子」の演技の迫力もあり本当に怖い映画ですよね。
今や、「貞子」は様々なイベントに呼ばれたり、Instagramをやったり、人気キャラクターにまで昇格したようですね。

第2位は、「呪怨(主演:奥菜恵)」です。
口コミで「怖い」と広まり、映画化されたそうです。
目を閉じても思い浮かべてしまうぐらい
白塗りの子供「俊雄」が怖かったですよね。
「佐伯伽椰子」の声が特徴的でマネをした人もいたのではないでしょうか。

ちなみに、「佐伯伽椰子」の「あ”、あ”、あ”、あ”、あ”」という寄声は、監督である「清水崇」が自分の声で録音したそうです。
こだわりが強いですよね。
また、この映画の特徴として「佐伯伽椰子」や「俊雄」の幽霊も登場しているそうです。

第3位は、「着信アリ(主演:柴咲コウ)」です。
「秋元康」のホラー小説が原作です。
現代には欠かせない「携帯電話」を題材にしており、この映画が公開されたときは、携帯電話に出るのが怖くなってしまった人が続出したのではないでしょうか。
ハリウッド映画では、「ワン・ミス・コール」というタイトルでリメイクされました。

第4位は、「らせん(主演:中谷美紀)」です。
これでもか!というぐらい「リング」シリーズは怖いですよね。
「らせん」は、更に怖さがパワーアップした作品ではないでしょうか。
第17回吉川英治文学新人賞受賞した作品でもあります。

■トイレにも行けない

観た後に、ふと映画の内容を思い出してしまい、一人でトイレにも行けなくなってしまったという経験がある人がいないでしょうか。
怖いとわかっているのに観たいという人の心理は「怖いもの見たさ」もあるのかもしれませんね。

2018年7月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る