ありえねぇ!金銭感覚がやばいと思う女って?

価値観の1つである金銭感覚。
自身のなかでは普通だと思っていても、男性からしたら「やばすぎでしょ!」と思うこともあるよう。

そこで今回は男性が思わず敬遠してしまう金銭感覚とは何か、ランキングにしてご紹介いたします。

■質問内容

金銭感覚について行けないと思う女性の行動で、当てはまると思うものを1つお選びください

■調査結果

1位 38.0% : 全身、ブランドものを身に着けている

2位 12.8% : やたらとエステやジムなど、自分の体に投資している 

3位 12.4% : 電車がある時間なのにタクシーで移動 

4位 8.8% : 海外ばかり行っている

5位 8.0% : 外食先で、値段を気にせずにオーダーする

6位 3.6% : 住んでいる所が一等地

7位 0.4% : 年収が多そうな仕事をしている        

●パッと見で恋愛対象から除外。第1位は・・・

第1位は「全身、ブランドものを身に着けている」が選ばれました。
これはブランドものが詳しくない男性でも分かるものである場合、そのものの価値・良さをいくら分かったとしても「せめて全身でなくワンポイント」で身につけて欲しいという男性が多かったようです。

実際にブランドものとは確かに質も良く長持ちしますし、持っているだけでステータスにもなります。
ですが、それなりに金銭のかかるブランドを、しかも全身に身に付けているという金銭感覚では、交際もましてや結婚なんて考えられませんね。

いくらファッションに敏感で自身に合うブランドであっても、男性からは「オシャレで素敵」という気持ちよりも「金のかかる女」というイメージが強いのも納得です。

2位には「やたらとエステやジムなど、自分の体に投資している」がランクイン。
その結果、周囲が振り向く程の美しさを保ち、男性自身がその美貌に惚れたとしても「自身での美容を取り入れてほしい」と思うのは一般的な生活をしている男性なら当然の感覚かもしれません。

3位の「電車がある時間なのにタクシーで移動」は余程のセレブでない限り、そして何か事情があった時以外に、気軽に乗る姿を見ると「金遣い荒らそう」という予感でいっぱいになるようです。

■お金の掛かる女は敬遠対象。

今回の調査から、お金の掛かる女性だと分かった時点で、男性がよほど惚れ込んでいない限りは敬遠してしまうことが分かります。
自身の金銭感覚を見つめ直すと共に、どうしても譲れないことがあれば、上手に伝えられるといいですよね。

2015年11月25日~2015年11月28日
調査対象:20~49歳の男性

関連記事

ページ上部へ戻る