デートに誘いづらい女性の特徴10個 

可愛いし美人なのに、なぜか、なかなか男性からデートに誘われないと嘆いている女性はいませんでしょうか。

ご参考に「デートに誘いづらい女性の特徴10個」をランキング形式で見てみましょう。

■質問内容

デートに誘いづらい女性の特徴はどれですか?3つ以内でお選びください

■調査結果

1位:モテ過ぎる 36.0%

2位:元カレを知っている 26.0%

2位:生活環境が違い過ぎる 26.0%

4位:タレントやモデルなどの仕事をしている 24.0%

5位:男性経験が豊富 22.0%

6位:男友達が多い 18.0%

6位:美人過ぎる 18.0%

8位:実家が名家 16.0%

9位:周りの女性から嫌われている 14.0%

 10位:職場が同じ 12.0%

●第1位は、「モテ過ぎる」です。

いつもその女性の周りには男性がいるようなイメージがあったり、自分にとっては「高嶺の花」だと思ってしまったり、他の男性からのデートを断りまくっているという噂を聞いたりすると自分が誘ってもどうせ断られるだろうと勝手に思い込んでデートに誘いづらいようですね。

しかし、モテ過ぎる女性は、基本的に「待ち」のスタンスであることが多いので、思い切ってデートに誘ってみると案外すんなりOKをもらえることもあるのではないでしょうか。

第2位は、「元カレを知っている」です。
気になっている女性が彼氏と別れたと聞いて、デートに誘うチャンス到来!と思っても、元カレがその男性と同級生だったり、まして友達だったりするとその女性をデートに男性は誘いづらいようですね。
でも、実は、女性の恋は「上書き」とよく言われることもあり、元カレと新しい彼氏が知り合いでも気にしない人が多くいるのではないでしょうか。
男性は、意外と!?義理堅く女性よりもこだわるのかもしれませんね。

同じく第2位は、「生活環境が違い過ぎる」です。
これは、男性の方が女性よりも下の生活環境と思う時を言っているのではないでしょうか。
男性は、プライドの塊のような生き物なので、男性の方が上だと思ったら、デートに誘いづらいという男性は少ないはずと思うのは、私だけではないはずです。
また、生活環境の違いは、価値観の違いにも繋がることもあり、どんなに綺麗でも可愛くても、価値観の違う女性とはデートをしても楽しくないかもしれません。

第4位は、「タレントやモデルなどの仕事をしている」です。
一昔と違い現代は、通称:読モと呼ばれる「読者モデル」と言われる女性や、SNSを活用したInstagramなどを使ったインフルエンサーなど気軽にいわゆる業界の仕事をする女性が多いのではないでしょうか。
男性の勝手な思い込みで、このような仕事をしている女性は、業界人との華やかな交流があり、自分とは釣り合わない「高嶺の花」と
尻込みするのかもしれません。

■男性は繊細!?

今回のランキング結果を見てみると、男性の思い込みや女性よりも繊細な心の中が見えるのではないでしょうか。
男性が思っている程、女性は気にしてないことも多いはずなので、思い切ってデートに誘ってほしいと女性は思うのではないでしょうか。

2018年6月
調査対象:10~40代の男性

関連記事

ページ上部へ戻る