ガンダムシリーズ・人間として尊敬できるパイロットは?

ロボットアニメの金字塔として多くのファンから支持され続けているガンダムシリーズ。40周年を迎えるシリーズの長い歴史のなかで、モビルスーツを駆り闘うパイロットたちも多数生み出され、ファンを魅了してきました。そこで今回は、パイロットたちのなかでもとくに、「人間として尊敬できる」のは誰かに注目。10~40代の男女を対象に、アンケートを実施しました。

■質問内容

ガンダムシリーズのなかで、人間として尊敬できるパイロットはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:シャア・アズナブル21.0%

2位:アムロ・レイ 16.0%

3位:ゼクス・マーキス13.0%

4位:ヒイロ・ユイ 10.0%

4位:キラ・ヤマト10.0%

6位:刹那・F・セイエイ 8.0%

6位:カミーユ・ビダン 8.0%

6位:東方不敗マスター・アジア 8.0%

6位:ジュドー・アーシタ 8.0%

10位:アスラン・ザラ7.0%

10位:グラハム・エーカー(ミスター・ブシドー) 7.0%

誇り高い復讐の貴公子 1位 シャア・アズナブル

1位に選ばれたのは、シャア・アズナブル。テレビシリーズ『機動戦士ガンダム』『機動戦士Ζガンダム』、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』などの作品に登場する、“赤い彗星”の二つ名を持つパイロットです。 父を暗殺し自身を迫害したザビ家への復讐を胸に闘うシャア。揺るぎない信念のもとに行動する「初志貫徹」を地でいく姿は誇り高く、カッコいいの一言です。恋人・ララァとのかかわりなどにおいて見せる人間臭さも、ファンを心酔させる要素でしょう。

シリーズ最強のパイロット!2位 アムロ・レイ

2位には、『機動戦士ガンダム』の主人公、アムロ・レイがランクインしました。ガンダムシリーズ史上最強のパイロットと呼ばれるアムロとライバルであるシャア・アズナブルとの激闘の数々は、ガンダムシリーズを語る上で外せないものです。もともとは内向的で「親父にもぶたれた事ないのに!」という、やや情けない名ゼリフも多いアムロ。しかし、年齢相応の弱さを持った彼が英雄へと成長していく姿に勇気をもらい、リスペクトしているファンは多いのではないでしょうか。

騎士道精神溢れるカリスマ 3位 ゼクス・マーキス

3位には、『新機動戦記ガンダムW』より、ゼクス・マーキスが選ばれました。秘密結社OZの青年士官であるゼクス。高潔ながらも気さくな性格から、多くの部下に慕われる若きカリスマです。非道なことや自分自身への甘えを嫌う性格の一方で、近代的、合理的になりきれないことに苛立つなど、人間的な部分が彼の魅力。シリーズでも随一の整った容姿とカリスマ性に「あんな上司がいれば…」と思ったファンも多そうですね。

意思を貫く人はカッコイイ!

ガンダムシリーズにはさまざまなタイプのパイロットが登場し、それぞれに魅力的です。なかでも今回ランクインしたのは、強い信念やカリスマ性を持ち合わせたキャラクターばかり。ぜひ、改めて彼らの言動に注目しながら、作品を見返してみてください。

2018年6月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る