聞き心地が最高によい声を持つキャラは?

キャラクターが声を持ち、しゃべることで魅力が生まれるアニメ。プロの声優さんの演技は生き生きとしていて、キャラクターの性格や感情をしっかり伝えてくれますよね。なかでもいわゆる“イケボ”や美声を持つ声優さんの声には、思わずうっとりさせられてしまうこともあります。

今回は、そんなキャラクターのボイスに注目。10~40代の男女を対象に、「聞き心地が最高によい声を持つキャラ」を調査してみました。

■質問内容

聞き心地が最高によい声を持つキャラはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:セバスチャン・ミカエリス(黒執事) 18.0%

2位:安室透(名探偵コナン) 14.0%

3位:次元大介(ルパン三世) 13.0%

4位:鬼灯(鬼灯の冷徹) 12.0%

5位:跡部景吾(テニスの王子様) 11.0%

6位:赤井秀一(名探偵コナン) 10.0%

7位:ハク(千と千尋の神隠し) 9.0%

7位:渚カヲル(新世紀エヴァンゲリオン) 9.0%

7位:ロロノア・ゾロ(ONE PIECE) 9.0%

7位:ベルダンディー(ああっ女神さまっ) 9.0%

小野Dボイスは最強!1位 セバスチャン・ミカリエス

1位にランクインしたのは『黒執事』の主人公、セバスチャン・ミカエリスです。セバスチャンの声を担当している声優は小野大輔さん。今やイケボ声優として大人気の小野さんですが、小野さんが大ブレイクを果たすきっかけとなったキャラクターが、セバスチャンです。

柔らかな物腰と怪しい美貌を持ち、完璧すぎるほど完璧に職務をこなす悪魔の執事・セバスチャン。小野さんのぞくぞくするほど心地よく響くセクシーな低音ボイスが、セバスチャンの魅力に華を添えています。

甘い声が耳に優しい!2位 安室透

2位には、『名探偵コナン』の安室透がランクインしました。安室の声を演じているのは、ベテラン声優の古谷徹さん。安室透のファーストネームが古谷さんの名前に由来しているというのは、有名なエピソードですね。

探偵で、かつカフェ店員である表の顔と、黒の組織のメンバー・バーボン、そして公安捜査官の降谷零という2つの裏の顔を持つ安室。難しい役を古谷さんはお馴染みの甘い声で見事に演じ分けています。ファンの間で人気が急騰中の安室。古谷さんの声が人気の一端を担っていることは間違いありません。

おなじみの渋カッコよさ!3位 次元大介

3位に選ばれたのは、『ルパン三世』の次元大介です。シリーズを通してメインで声を担当しているのは、80歳を超える大ベテラン、小林清志さん。50年近くも次元を演じ続けています。渋くて耳に心地いい声とやや「べらんめえ口調」の特徴的なしゃべり方は、おなじみですよね。

小林さん以外の次元大介は考えられないほどに多くの人の耳に馴染み、また、耳を楽しませてきました。

イケボは耳の保養になる

今回のランキングでは、男性キャラが上位のほとんどを占める結果となりました。耳から腰に響くようなイケメンボイスは、眼福ならぬ“耳福”ですよね。未チェックのキャラクター・作品があれば、ぜひチェックしてみてください。

2018年6月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る