もはや別作品!?原作の絵と違い過ぎるアニメとは?

これは本当に、あの原作のアニメですか(笑) 今回は、10~40代の男女を対象に「

「もはや別作品だろ!」と言いたくなるほど原作の絵と違い過ぎるアニメ」を聞いてみました!

■質問内容

「もはや別作品だろ!」と言いたくなるほど原作の絵と違い過ぎるアニメはどれですか。

■調査結果

1位:進撃の巨人 17.0%
2位:惡の華 13.0%
3位:サザエさん 12.0%
4位:寄生獣 10.0%
4位:紅 10.0%
6位:けものフレンズ 9.0%
7位:ルパン三世 8.0%
7位:ときめきトゥナイト 8.0%
7位:けいおん! 8.0%
7位:幼女戦記 8.0%

●1位! 進撃の巨人!

1位は、『進撃の巨人』でした!

原作の絵柄は、作品に合った緊張感や凄みを感じさせます。とても濃い絵柄ということが言うことができるでしょう。

それに比べてアニメ版のほうは、万人受けしやすい繊細で緻密なタッチとなっています。キャラクターの表情を見ても、顔つきが違い、場合によっては全く別のキャラクターに見えることもありますね。

アニメから見始めた人は、原作の絵柄に驚くことも多いようですが、反対に原作の漫画から親しんでいた人はこちらの方が良いと感じる場合も少なくないようです。

●2位! 惡の華!

2位は、『惡の華』でした!

ストレートな青春を描いた作品として大きな注目を浴びた押見修造さん原作の漫画です。

本作のアニメ化に際しては「ロトスコープ」(モデルの役者さんを撮影した後トレースしてアニメにする方法)を採用したために、原作とはかけ離れたリアルの絵柄となりました。

ある意味斬新ですが原作者はこれで良かったのでしょうか(笑)

●3位! サザエさん!

3位は、『サザエさん』でした!

長谷川町子さんの漫画が原作の本作。

アニメでは丸っこく柔らかなキャラクターという印象かもしれませんが、原作の漫画はもう少し簡素に描かれており、それぞれのキャラクターの雰囲気もだいぶ異なっています。

原作に触れたことがない人も多いかと思いますが、この機会にぜひ手に取ってみてはいかがでしょう。

■原作とアニメ両方楽しもう!

いかがでしたか。今回のランキングでは、原作とアニメの絵柄がかなり異なる作品がランクインしました。違和感がないと言えば嘘になりますが、それを逆手にとって原作の漫画とアニメをそれぞれに楽しむことを考えるとより面白いのではないでしょうか。ある意味では、1つの作品を見る楽しむことができるのでお得です。ぜひ、気になった作品があれば、原作とアニメ両方楽しんでみましょう!

(2018年6月 調査対象:10~40代の男女)

関連記事

ページ上部へ戻る