子供には見せられない!描写グロすぎアニメとは…

今や日本を代表する産業へと成長したアニメ。毎クール多くの新作アニメが放送されています。しかし中には非常に描写がグロいアニメも存在します。そこで今回は10代から40代の男女を対象に「描写がグロすぎて子供には見せられないアニメ」を聞いてみました。果たして多くの視聴者が「子供に見せられない!」と感じているアニメはどの作品だったのでしょうか。さっそくランキング結果を紹介します。

■質問内容

描写がグロすぎて子供には見せられないアニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:東京喰種 19.0%

2位:School Days 13.0%

3位:ひぐらしのなく頃に 12.0%

4位:PSYCHO-PASS サイコパス 10.0%

4位:GANTZ 10.0%

4位:BLOOD-C 10.0%

4位:うみねこのなく頃に 10.0%

8位:コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫- 9.0%

9位:進撃の巨人 8.0%

9位:屍鬼 8.0%

実写映画化もされた人気アニメがランキング1位を獲得!

「描写がグロすぎて子供には見せられないアニメ」を聞いた結果、ランキング1位となったのは「東京喰種」でした。2017年には窪田正孝さん主演で実写化もされた人気アニメですね。人の肉を食べる喰種(グール)を描いているだけあり、随所にグロテスクなシーンが描写されています。魅力的なストーリーでシリーズ化もされているアニメですが、やはり「子供には見せられない」と感じている視聴者が多いようです。

アダルトゲームを原作としたアニメがランキング2位!

ランキング2位となったのはアダルトゲームを原作としたアニメ「School Days」でした。惨殺シーンや性的描写が多い点などから「子供には見せたくない」と感じる視聴者が多いのも当然の結果かもしれません。また最終話の放送直前にはアニメの内容と酷似した事件が実際に発生してしまったため、複数のテレビ局が放送を行わず打ち切られる騒動も発生しました。

ゲームソフトを原作としたアニメが3位にランクイン!

僅差でランキング3位となったのは「ひぐらしのなく頃に」でした。とある村で発生した連続怪死事件を題材にしているアニメだけあり、作品内の随所にグロテスクなシーンが描写されています。非常に秀逸なストーリーでアニメ自体はシリーズ化されOVAも発売されるなど非常に人気がありますが「子供に見せるにはグロすぎる」と感じる視聴者が多いようです。

ほかにも複数のアニメがランクイン!

今回は「描写がグロすぎて子供には見せられないアニメ」を聞きました。紹介したアニメ以外にもランキングには「PSYCHO-PASS サイコパス」や「コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-」がランクインしています。確かに子供に見せるにはグロすぎるアニメばかりですが、いずれも魅力的なアニメには違いありませんので、興味がある方は、ぜひ視聴してみてください。

2018年5月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る