スキャンダルがなきゃ芸能界で成功してた芸能人ランキング

芸能人として才能があるはずなのにスキャンダルを起こしてしまい、イメージダウンから人気が急落してしまった勿体無いと世間が思う芸能人っていますよね。
そんな「スキャンダルがなければ芸能界で大成していたと思う芸能人ランキング」を見てみましょう。

■質問内容

スキャンダルがなければ芸能界で大成していたと思う芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:ベッキー 33.0%

2位:成宮寛貴 25.0%

3位:沢尻エリカ 16.0%

4位:小出恵介 15.0%

4位:窪塚洋介 15.0%

6位:酒井法子 13.0%

7位:のん(能年玲奈) 10.0%

7位:香里奈 10.0%

9位:清水富美加 9.0%

10位:田代まさし 8.0%

10位:押尾学 8.0%

●第1位は、「ベッキー」です。

それまで優等生のイメージでCMにも多数起用され、バラエティー番組でも引っ張りだこの売れっ子タレントだった「ベッキー」ですよね。
「ゲス・川谷絵音」との不倫が「週刊文春」にて明るみにされてしまい、イメージダウンし、また芸能活動も自粛せざるえない状況にまでなってしまいました。
元々「ベッキー」が「ゲスの極み乙女」の大ファンで、ライブにしょっちょう通っていたそうです。
当初、「ベッキー」は「川谷絵音」が妻帯者であることを知らなかったそうですが、知ってからも関係を続けてしまったそうです。
また、なぜか、二人のLINEのやりとり内容までが公開されてしまい、「ありがとう文春!」「センテンス スプリング!」など記者会見ではしおらしく反省を見せていたのに、不倫に対して全く反省している様子もないことなども、世間からのパッシングの標的になってしまいました。
この騒動を見ていた人たちは、「LINEって怖い!」と思った人が多数いましたよね。

第2位は、「成宮寛貴」です。
イケメン俳優としてドラマに映画にと大活躍でしたよね。
2016年に薬物疑惑を「FRIDAY」が写真付きで報道したのが発端で、
すぐさま、ご本人と事務所が「薬物疑惑を否定」のコメントのみを出しました。
そして、釈明会見なども開かずに、そのまま、芸能界引退を発表となりました。
人気絶頂の俳優だっただけに、世間は驚きましたよね。
本当に身が潔白なら堂々と記者会見を開き、それを証明すればいいのに、それをしないとは、様々な憶測が飛び交う事態となってしまいました。
ちなみに、その後の尿検査では潔白だったそうです。
また、薬物疑惑だけでなく、本人は明らかにしたくなかった、プライベートなセクシャリティな部分も信頼していた関係者に暴露されてしまい、人間不信に陥ったのも芸能界を引退することになってしまったようです。

第3位は、「沢尻エリカ」です。
未だに、映画の舞台挨拶で放ってしまった「別に・・・」の発言は語り草ですよね。
また、結婚、離婚と世間を騒がせ、すっかり性格が悪いお騒がせ女優のイメージがついてしまいました。
最近ではテレビドラマで母親役を演じるなど、ひと昔前のイメージを打破しているようではないでしょうか。

■芸能人だからといって

世間一般とズレがあるように思える芸能界ですが、やはり、やっていいことと悪いことがありますよね。
また、芸能人はイメージもとても大切ですから、そのイメージを壊してしまうような言動は避けるべきなのかもしれません。
キャラ設定を変えたい時に、わざとイメージを壊すような言動をするのはありかもです。

2018年5月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る