歴代ガンダムで所属したい組織…1位は?

ガンダムシリーズはさまざまな戦争を舞台にしており、数多くの組織が出てきます。ガンダムや兵器などを作る会社や財団、マフィアのような荒事を生業とする組織などさまざまです。今回はその中でも人気のある組織をピックアップしてみました。どんな作品の組織がランクインするのか見てみましょう。

■質問内容

歴代ガンダムで所属したいと思う組織はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:鉄華団(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ) 15.1%

2位:エゥーゴ(機動戦士Ζガンダム) 11.6%

2位:アナハイム・エレクトロニクス社(機動戦士Ζガンダム) 11.6%

2位:ロンド・ベル(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア) 11.6%

2位:ソレスタルビーイング(機動戦士ガンダム00) 11.6%

6位:ジオン軍(機動戦士ガンダム) 10.5%

6位:オーブ連合首長国(機動戦士ガンダムSEED) 10.5%

6位:地球連合軍(機動戦士ガンダムSEED) 10.5%

9位:宇宙革命軍(機動新世紀ガンダムX) 8.1%

10位:ネオ・ジオン(機動戦士ガンダムΖΖ) 7.0%

10位:アクシズ(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア) 7.0%

 

■男の生きざまがカッコイイ「鉄火団」

今回ピックアップするのは「鉄火団」です。鉄火団は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場した組織です。主人公である三日月・オーガスやオルガなどが所属する組織です。この作品では厄祭戦という無人兵器対モビルスーツの大きな戦いの後になります。

主人公たちは地球ではなく火星に住んでおり、火星では貧困の差が激しくそれは子供も変わりません。最初はCGSという民間軍事会社で働いています。戦うことでしか生きていく術がない状況で主人公たちは毎日生き抜くことだけを考えて生活しています。イメージ的には少年兵です。

そんな子供が多いこの組織でとある事件が起きます。CGSの上層部は自分たちが助かるために主人公たちを囮に使います。生活の待遇や奴隷のような扱いにしびれを切らした主人公たちは反乱します。

主人公の友人であるオルガを筆頭に少年兵たちが自分たちの居場所を守るために立ち上がりできたのが鉄火団です。子供の集まりではありますが、生き抜くためにやらなければいけないことや、精神的な強さはすでに備わっています。死生観が他の組織とは違い、どちらかというと昔のマフィアのようなイメージに近いです。

筋は通す、男気は魅せるなど男性であればだれもが憧れるような生き方を魅せる組織です。気になる方はぜひ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」をチェックしてみてください。

2018年5月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る