つい幸せを願ってしまう女性有名人ランキング

結婚が必ずしも「女性の幸せ」ではありませんが、早く結婚して幸せになって欲しいと思う女性有名人っていますよね。

そこで今回は、10代から40代の男女を対象に「つい幸せを願ってしまう女性有名人」についてアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

つい幸せを願ってしまう女性有名人は誰ですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:いとうあさこ 22.0%

2位:井上真央 16.0%

3位:小倉優子 15.0%

4位:のん(能年玲奈) 13.0%

4位:柳原可奈子 13.0%

6位:小林麻耶 12.0%

6位:安室奈美恵 12.0%

8位:黒沢かずこ(森三中) 12.0%

9位:ベッキー 10.0%

9位:仲間由紀恵 10.0%

●結婚=幸せという考えはあまりない「いとうあさこ」

1位は、いとうあさこさんで、22.0%でした。

いとうさんは、1997年デビューのお笑いコンビ「ネギねこ調査隊」で知名度を上げ、「進ぬ!!電波少年」の企画「電波少年的15少女漂流記」などにも出演した女ピン芸人です。

実は生粋のお嬢さまである彼女には、結婚=幸せという考えはあまりないようですが、飲み仲間のオアシズ・大久保佳代子さんが結婚するようになったら、自分も焦るかもしれないと言っています。

●松本潤さんとの結婚は消滅したとみられる「井上真央」

2位にランクインしたのは、井上真央さんで、16.0%でした

5歳から子役として女優のキャリアをスタートさせた井上さんは、1999年から2003年にかけて放送されたドラマ「キッズ・ウォー」シリーズに出演し、注目を集めました。

2005年のドラマ「花より男子」の共演から、嵐の松本潤さんとの熱愛が噂され、結婚も秒読みと言われていましたが、さまざまな理由から2人の結婚は消滅したとみられ、井上さんの幸せを願う声がネット上に多くあがりました。

●当面の恋愛封印を宣言している「小倉優子」

3位は小倉優子さんで、15.0%でした。

グラビアアイドルとしてデビューした小倉さんは、「こりん星のりんごももか姫」という自己創作のお姫様キャラクターが注目され、バラエティ番組でも活躍しました。

2011年にカリスマ・ヘアメイクアーティストの菊地勲さんと結婚し、2人の子宝にも恵まれましたが、菊地さんの不倫発覚により離婚。

「子育てと仕事を両方100で頑張ります!」と、当面の恋愛封印を宣言している彼女ですが、「幸せになって欲しい」と願うファンは多いようです。

■多くの人に幸せを願われる=好感度が高い!

武井咲さんや黒木メイサさんのように、20代で結婚する女性有名人がいる一方で、今回のランキングにランクインした方々のように独身を貫いている人もいます。

多くの人に幸せを願われる=好感度が高いということなので、今回ランクインした方々は今後ますます芸能界で活躍することでしょう。

 

 

2018年4月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る