サブタイトルが秀逸な名探偵コナンの映画ランキング

名探偵コナンと言えば知らない人はいないくらい有名なアニメです。原作は今も週刊少年サンデーで連載されておりテレビアニメも放送されています。そんな名探偵コナンも劇場版が数多く作られているアニメです。今回はサブタイトルが秀逸な劇場版をピックアップしてみました。

■質問内容

歴代名探偵コナンの劇場版で、サブタイトルが秀逸だと思うのはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:時計じかけの摩天楼 22.0%

2位:ベイカー街(ストリート)の亡霊 20.0%

3位:探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) 14.0%

4位:14番目の標的(ターゲット) 13.0%

5位:漆黒の追跡者(チェイサー) 12.0%

5位:ゼロの執行人 12.0%

7位:世紀末の魔術師 11.0%

8位:瞳の中の暗殺者 10.0%

8位:迷宮の十字路(クロスロード) 10.0%

10位:純黒の悪夢(ナイトメア) 9.0%

 

■名探偵コナンの初の劇場版「時計じかけの摩天楼」

今回注目した作品は、「時計じかけの摩天楼」です。この作品は、テレビアニメが大ヒットの中作られた最初に作られた劇場版アニメです。この作品から毎年春ごろに名探偵コナンの劇場版が公開されるようになります。

サブタイトルも非常に覚えやすい単語で構成されており、ストーリーもクオリティが高い劇場版となっています。ある日黒川大造が何者かに殺される事件が起こります。

現場の状況証拠などから犯人は黒川家の中に住む人間と特定され、名探偵コナン名物の眠りの小五郎が事件解決をします。無事に事件は解決したが、後日パーティーの招待状が届きます。

そこではクイズが催され、見事正解したコナンと蘭はギャラリーに案内されます。そこで森谷という人物に会うが実は森谷は、殺人事件があった黒川邸の設計した人物でした。

また同時期に何者かによって引き起こされた爆破予告事件が発生します。次々に爆破予告がされ、コナンは爆破を阻止するために奔走します。その中で次第につながっていく事件との関連性やトリックなどが本作のストーリーです。

この作品の魅力は、スケールの大きさです。建物の爆破予告事件という今までになかった規模が魅力的です。他にもコナンと蘭の関係にも注目しており、お互いがどれだけすきあっているかがわかる作品となっています。

特に終盤の爆弾を解体するシーンでのセリフが印象的です。ミステリー要素と恋愛要素が入っているコナンシリーズです。まだ見ていないという方はぜひ見てみてください。大人から子供まで楽しめる内容となっています。

2018年4月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る