途中から面白くなってきた!前期冬アニメランキング

多くの人気アニメが放送され、何かと話題の今期の冬アニメ。お気に入りのアニメを見つけて、熱中しているアニメファンも少なくないと思います。中には、ストーリーが進むに連れ、どんどん面白くなってくるアニメもありますね。そこで、今回は10代から40代の男女を対象に「しり上りに面白くなってきた今期の冬アニメ」を聞いてみました。果たして、アニメファンから「どんどん面白くなる!」と評価されているのは、どのアニメだったのでしょうか?さっそくランキング結果を紹介します。

■質問内容

今期の冬アニメで、しり上がりに面白くなってきたと感じる作品はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:ダーリン・イン・ザ・フランキス 14.0%

2位:博多豚骨ラーメンズ 13.0%

3位:りゅうおうのおしごと! 11.0%

3位:ゆるキャン△ 11.0%

5位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン 10.0%

5位:恋は雨上がりのように 10.0%

7位:宇宙よりも遠い場所 8.0%

7位:デスマーチからはじまる異世界狂想曲 8.0%

話題のロボット群像活劇アニメがランキング1位を獲得!

「しり上りに面白くなってきた今期の冬アニメ」を聞いた結果、見事にランキング1位を獲得したのはTOKYO MXなどで放送中のアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」でした。人類を襲う巨大生物に抵抗するために作られた、2人乗りロボット「フランクス」と、パイロットとなるべく教育を受けている少年少女たちの成長を描いた群像劇は、回を追うごとに濃密さを増し、見所満載のアニメに仕上がっています。漫画を原作としたアニメが多い中で、完全オリジナルアニメと言うのも、アニメファンの心を掴む要因になっているようです。

小説を原作としたアニメがランキング2位にランクイン!

僅差でランキング2位となったのは、AT-X、TOKYO MX、BS11などで放送されている「博多豚骨ラーメンズ」でした。博多の街を舞台に、探偵を営む馬場善治の活躍を描くサスペンスアニメですね。非常に綺麗なアニメーションも「博多豚骨ラーメンズ」の魅力の1つです。アニメのタイトルと、アニメの内容やキャラクターにギャップがあるのも「博多豚骨ラーメンズ」が視聴者に人気の秘密かもしれません。終盤に差し掛かるに連れ、どんどん盛り上がってきていますので、目が離せませんね。

3位には同率で2作品がランクイン!

ランキング3位には同率で2作品がランクインしました。まずは、TOKYO MXなどで放送されている「りゅうおうのおしごと!」。ライトノベルを原作としたアニメです。そしてAT-X、TOKYO MXで放送されている「ゆるキャン△」です。アウトドアの魅力を発信する女子高校生たちの活躍が魅力のアニメ作品ですね。

物語の終盤に向けてどんどん盛り上がるアニメに注目!

今回は「しり上りに面白くなってきた今期の冬アニメ」を聞きました。物語が終盤に差し掛かるに連れ、どんどん面白さを増してくる今期の冬アニメ。ぜひ話題に乗り遅れないよう、見逃すことの無いようにしてくださいね!

 

2018年3月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る