家族愛に涙腺が崩壊したアニメランキング

アニメって、こんなものまで描けるんだ! 今回は、10~40代の男女を対象に「家族愛を描いたシーンに涙腺が崩壊したアニメ」を聞いてみました!

■質問内容

家族愛を描いたシーンに涙腺が崩壊したのはどれですか。

■調査結果

1位:クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 20.0%
1位:三月のライオン 20.0%
3位:CLANNAD 18.0%
4位:おおかみこどもの雨と雪 17.0%
5位:甘々と稲妻 16.0%
6位:東京マグニチュード8.0 15.0%
6位:鋼の錬金術師 15.0%
6位:バケモノの子 15.0%
9位:獣の奏者エリン 12.0%
9位:青の祓魔師 12.0%

●1位! クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲!

1位は、『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』でした!

「クレヨンしんちゃんと言えば子供向け」…そんなイメージを覆した劇場公開作品で、2011年に公開されました。

ある日突然子供かえりを始めた大人たち。

その影には、ノスタルジーで大人たちの心を惑わす組織の存在が…。

世界観からキャラクターに至るまで、大人にこそわかる懐かしい希望で埋め尽くされた本作に、涙したパパ・ママが非常に多かったとか。

現在家族関係が良くないなら、家族全員で見ると良さそうな作品です!

●1位にもう1作! 三月のライオン!

1位には、『三月のライオン』もランクインしました!

家族を交通事故で亡くした桐山は、自立のために将棋に打ち込みプロの棋士となりました。

彼の孤独な戦いは、将棋の戦いや交流を通じて、癒され、あるいは成長していきます。

本当の家族ではなくても、本当の家族に匹敵する何かを与えられる。

そんな希望の持つことができる、素敵な作品です。

●3位! CLANNAD!

3位は、『CLANNAD』でした!

本作、「泣きゲー」の名作を連発することで名高いKeyが制作したゲームのアニメ版。

2007年より放送され、アニメファンの涙を誘いました。

そんな本作の中心テーマは「家族」。

恋の先にある結婚や家族を描いたことで、前作・前々作より深みのあるストーリーとなっています。

「え〜ギャルゲーが原作でしょう?」…そんなふうに考えている方にこそ、1度はチェックしてほしい作品です。

■ちょっと人生を考えさせられる?

いかがでしたか。近年、独身男女の割合も増加していると言われています。しかしながら、今回ランクインした作品を見て「家族っていいなあ」と感じたのなら、あなたにも新しいストーリーが開けるかもしれないですね。

 

2018年3月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る