男が彼女にしてほしくないメイク1位とは?

男性ウケの悪いメイクとはどんなものなのでしょうか?今回は10代から40代の男性に「彼女にしてほしくないメイクとは?」という質問をしてみました。どんな答えが挙がっているのかを、見ていきましょう!

■質問内容

彼女にしてほしくないメイクはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:目全体を黒く囲ったアイライン 30.0%

2位:酔っ払いメイク 26.0%

3位:真っ赤な口紅 18.0%

4位:太眉 17.0%

5位:カラーマスカラ 15.0%

6位:青いアイシャドウ 13.0%

6位:たっぷりグロス 13.0%

8位:まんまるチーク 12.0%

9位:ピンクのチーク 10.0%

9位:カラコン 10.0%

キツイ印象になる… 目全体を黒く囲ったアイライン 

彼女にしてほしくないメイクの第1位は「目全体を黒く囲ったアイライン」という結果になりました。女性にとってアイラインは、目を大きく強調させるためには欠かせないメイクアイテムですよね。でも、目全体を黒く囲ったアイラインについては、男性ウケが悪い模様。 少し顔の印象がキツくなるとともに、ナチュラル感が消えてしまうからでしょう。いつも黒く目全体にアイラインを入れている女性は、目の上だけにするなど、もう少し柔らかいメイクを心掛けるといいですね。

目の下チークは付けすぎ注意! 酔っ払いメイク

第2位にランクインしたのは「酔っ払いメイク」です。最近は目の下に入れるチークが流行っていて、芸能人などがまっピンクのチークを入れていますよね。チークを入れると優しく可愛い印象になりますが、女性の中には明らかに付けすぎている人も…。どう見ても、酔っ払いにしか見えない!と感じるようなチークは、男性にとってはNGのようです。彼女にはしてほしくないと多くの男性が思っているメイクなので、女性は注意しましょう。

口だけが目立ってしまう 真っ赤な口紅

第3位には「真っ赤な口紅」がランクイン。真っ赤な口紅は、そのインパクトの強さから似合う女性は限られていますよね。どうしても口だけが目立ってしまうため、自然と厚化粧になりがち。多くの男性は、真っ赤な口紅は彼女にはちょっと…と思っているようです。 真っ赤な口紅は、ドレスなどゴージャスな格好をしたときには素敵ですが、普段使いこなすのは難しい色。女性らしさが強調されすぎるため、似合う似合わないにかかわらず、口ばかりに目がいってしまいます。男性にアピールしたいという女性の欲も感じ取れるカラーのため、彼氏の前ではピンクやベージュなどのほうが無難でしょう。

男性ウケの悪いメイクは避ける!

男が彼女にしてほしくないメイクランキングのトップ3をご紹介しましたが、いかがでしたか?普段、彼女のメイクについては何も言わない男性もいるでしょう。でも、内心ちょっとそれは…と思っている可能性もあります。上位の答えを参考にして、女性は男性ウケの悪いメイクは避けるといいですね!

 

2018年3月
調査対象:10~40代の男性

関連記事

ページ上部へ戻る