正直イケメンと思わないイケメン扱いアーティストランキング

容姿ではなく、楽曲で勝負するアーティストですが、一般的にイケメンでなくてもイケメン扱いされているアーティストの方っていますよね。

そこで今回は、10代から40代の男女に「正直イケメンと思わないイケメン扱いアーティスト」について、インターネットでアンケート調査を行いました。

■質問内容

正直イケメンと思わないイケメン扱いアーティストはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:星野源 29.0%

2位:森山直太朗 19.0%

3位:西川貴教(T.M.Revolution) 16.0%

4位:氷川きよし 12.0%

5位:平井堅 11.0%

5位:秦基博 11.0%

7位:久保田利伸 10.0%

8位:Fukase(SEKAI NO OWARI) 8.0%

8位:喜矢武豊(ゴールデンボンバー) 8.0%

10位:西島隆弘(AAA) 7.0%

11位:山崎まさよし 7.0%

●愛嬌はあるが、イケメンではない「星野源」

1位は星野源さんで、29.0%でした。

2016年に放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、新垣結衣さんの相手役を務め大ブレイクした星野さん。自身が書き下ろした主題歌「恋」に合わせて踊る“恋ダンス”も大ブームになりました。

女性から絶大な支持を得ている星野さんですが、「愛嬌があってステキだけど、イケメンではない」という声がネットでも多数見られますよね。

●イケメンではないけど、女性に人気の塩顔「森山直太朗」

2位にランクインしたのは、森山直太朗さんで、19.0%でした

音楽一家に生まれた森山さんは、2003年に発表した「さくら(独唱)」が、オリコン1位に輝き、その年のNHK紅白歌合戦にも出場しました。

その美しい歌声とは裏腹な毒舌キャラで、バラエティ番組に出演することも多い森山さんのファンには、「決してイケメンではないけど、塩顔だから好き」という方が多いようです。

●顔がデカく見える「西川貴教」

3位は、T.M.Revolutionの西川貴教さんで、16.0%でした。

Luis-Maryというビジュアル系バンドのボーカルだった西川さんは、1996年からT.M.Revolutionとしての活動を始め、俳優や声優としても活躍しています。

綺麗な顔立ちをしている西川さんですが、「身長が小さいからか顔がデカく見える」という意見がネットでは多いようです。

■イケメンではないが、個性的な魅力があるミュージシャンが人気!

これまで芸能界でイケメンといえば、ルックスが良いことはもちろん、まるで王子様のような完璧キャラが人気を集めていました。しかし最近では、今回のランキングにランクインしたミュージシャンの方々のように、イケメンでなくても、個性的な魅力がある方が人気を集める風潮になってきたようですね。

関連記事

ページ上部へ戻る