イケメンすぎるロックバンドのボーカルランキング

「天は二物を与えず」といいますが、ここにランキングされた方々には「天は二物を与えた」ようですね。
声もカッコよくて、顔もカッコよくて、女性のハートをわし掴みにしている「イケメンすぎるロックバンドのボーカル」がいます。
気になるそのランキングを見てみましょう。

■質問内容

イケメンすぎるロックバンドのボーカルはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:山村隆太(flumpool) 26.0%
2位:Taka(ONE OK ROCK) 16.0%
3位:藤原基央(BUMP OF CHICKEN) 11.0%
4位:takuya∞(UVERworld) 10.0%
4位:Fukase(SEKAI NO OWARI) 10.0%
6位:川上洋平([Alexandros]) 7.0%
7位:野田洋次郎(RADWIMPS) 6.0%
8位:ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ) 5.0%
8位:小出祐介(Base Ball Bear) 5.0%
10位:Hiro(My First Story) 4.0%

●第1位は、第2位と10%もの差をつけて「flumpool」の「山村隆太」です。

2017年にはフジテレビ系ドラマ「突然ですが、明日結婚します」で、名波竜役として出演をし話題になったのも記憶に新しいと思います。
しかし、喉の治療に専念するため、2017年12月6日から無期限の活動休止を発表していて、その体調が気になるファンも多いと思います。
早く元気に復活してほしいですよね。

第2位は、「ONE OK ROCK」から「Taka」です。
ご両親が、森進一さんと森昌子さんでもあることも有名ですよね。
また、慶応義塾出身で音楽に専念するため自主退学したことも話題になりました。
小さいころから音楽がある環境に育ったこともあり、その才能が開花したようです。
ボーカルでありながら、バンドの楽曲の多くの作詞・作曲を手がけていて、「蛙の子は蛙」的な音楽の才能があふれる人ですね。

第3位は、「BUMP OF CHICKEN」より「藤原基央」がランクインです。
年少期にピアノを習っており、当時から既に作曲を手がけていたそうで、その才能はすごいですよね。
また、彼はボーカリスト兼ギタリストです。
身長は176cmあり、体つきが細身なのもロックバンドボーカルとしての人気のひとつなのでしょうか。

第4位には「UVERworld」から「takuya∞」です。
TAKUYA∞(たくや)は、ボーカル、ラップ、プログラミング、コーラス担当という多才ぶりを発揮していますね。
同数で第4位には「SEKAI NO OWARI」より「Fukase」です。
「SEKAI NO OWARI」というバンド名はFukaseが命名したものとのことです。
また、メンバー内で最も多くの楽曲の作詞・作曲を
手がけているそうで、こちらもその多才ぶりが垣間見られますね。

■あなたのお気に入りは?

今回のランキングにはあなたが思うイケメンはいたでしょうか?音楽の才能とイケメンぶりでは鬼に金棒ですよね。
これからもその音楽の才能とイケメンぶりで、世の女性たちを虜にして楽しませてほしいものです。

「天は二物を与えず」といいますが、ここにランキングされた方々には「天は二物を与えた」ようですね。
声もカッコよくて、顔もカッコよくて、女性のハートをわし掴みにしている「イケメンすぎるロックバンドのボーカル」がいます。
気になるそのランキングを見てみましょう。

■質問内容

イケメンすぎるロックバンドのボーカルはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:山村隆太(flumpool) 26.0%
2位:Taka(ONE OK ROCK) 16.0%
3位:藤原基央(BUMP OF CHICKEN) 11.0%
4位:takuya∞(UVERworld) 10.0%
4位:Fukase(SEKAI NO OWARI) 10.0%
6位:川上洋平([Alexandros]) 7.0%
7位:野田洋次郎(RADWIMPS) 6.0%
8位:ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ) 5.0%
8位:小出祐介(Base Ball Bear) 5.0%
10位:Hiro(My First Story) 4.0%

●第1位は、第2位と10%もの差をつけて「flumpool」の「山村隆太」です。

2017年にはフジテレビ系ドラマ「突然ですが、明日結婚します」で、名波竜役として出演をし話題になったのも記憶に新しいと思います。
しかし、喉の治療に専念するため、2017年12月6日から無期限の活動休止を発表していて、その体調が気になるファンも多いと思います。
早く元気に復活してほしいですよね。

第2位は、「ONE OK ROCK」から「Taka」です。
ご両親が、森進一さんと森昌子さんでもあることも有名ですよね。
また、慶応義塾出身で音楽に専念するため自主退学したことも話題になりました。
小さいころから音楽がある環境に育ったこともあり、その才能が開花したようです。
ボーカルでありながら、バンドの楽曲の多くの作詞・作曲を手がけていて、「蛙の子は蛙」的な音楽の才能があふれる人ですね。

第3位は、「BUMP OF CHICKEN」より「藤原基央」がランクインです。
年少期にピアノを習っており、当時から既に作曲を手がけていたそうで、その才能はすごいですよね。
また、彼はボーカリスト兼ギタリストです。
身長は176cmあり、体つきが細身なのもロックバンドボーカルとしての人気のひとつなのでしょうか。

第4位には「UVERworld」から「takuya∞」です。
TAKUYA∞(たくや)は、ボーカル、ラップ、プログラミング、コーラス担当という多才ぶりを発揮していますね。
同数で第4位には「SEKAI NO OWARI」より「Fukase」です。
「SEKAI NO OWARI」というバンド名はFukaseが命名したものとのことです。
また、メンバー内で最も多くの楽曲の作詞・作曲を
手がけているそうで、こちらもその多才ぶりが垣間見られますね。

■あなたのお気に入りは?

今回のランキングにはあなたが思うイケメンはいたでしょうか?音楽の才能とイケメンぶりでは鬼に金棒ですよね。
これからもその音楽の才能とイケメンぶりで、世の女性たちを虜にして楽しませてほしいものです。

 

2018年3月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る