つい使いたくなるアニメキャラの決めゼリフとは?

アニメのキャラクターの台詞には、日常生活でつい使いたくなってしまう決めゼリフってありますよね。

そこで今回は、10代から40代の男女に「日常でつい使いたくなってしまうアニメキャラの決めゼリフ」について、インターネットでアンケート調査を行いました。

■質問内容

日常でつい使いたくなってしまうアニメキャラの決めゼリフはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:我が生涯に一片の悔いなし!!(ラオウ)「北斗の拳」 26.0%

2位:月に代わって、お仕置きよ!(セーラームーン)「美少女戦士セーラームーン 」 23.0%

3位:お前はもう死んでいる・・・(ケンシロウ)「北斗の拳」 21.0%

4位:まだまだだね(越前リョーマ)「テニスの王子様」 19.0%

5位:真実はいつもひとつ!(江戸川コナン)「名探偵コナン」 11.0%

5位:ジッチャンの名にかけて!(金田一一)「金田一少年の事件簿」 11.0%

7位:諦めたらそこで試合終了ですよ(安西光義)「SLAM DUNK」 10.0%

8位:あんたバカァ?(惣流/式波・アスカ・ラングレー)「新世紀エヴァンゲリオン」 9.0%

8位:けって~い!(夢原のぞみ)「Yes!プリキュア5」 9.0%

8位:見ろ!人がゴミのようだ(ムスカ)「天空の城ラピュタ」 9.0%

●何かをやり遂げた後にこのセリフを使う「我が生涯に一片の悔いなし!!」

1位は、「北斗の拳」のラオウの台詞で、26.0%でした。

ケンシロウとの闘いに敗れたラオウが右手を天に突き上げ、このセリフを叫ぶシーンはあまりにも有名で、パチスロ版やパチンコ版「北斗の拳」のゲーム中の演出にも使われています。日常生活では、何かをやり遂げた後にこのセリフを使う人が多いようです。

●待ち合わせへの遅刻や、約束を破ることをした時に使う「月に代わって、お仕置きよ!」

2位にランクインしたのは、「美少女戦士セーラームーン」の決めゼリフで、23.0%でした。

セーラームーンが自分の名前を名乗った後に敵の悪行を叱る台詞を続け、胸の前で両腕をクロスさせてこの決めゼリフを言い放ちます。日常生活では、待ち合わせへの遅刻や、約束を破るなどをした相手がいた時に冗談交じりに使う人が多いようです。

●さまざまなシチュエーションで使われている「お前はもう死んでいる・・・」

3位は、「北斗の拳」のケンシロウの台詞で、21.0%でした。

ケンシロウが敵を倒すたびにこの台詞を多用し、流行語にもなりました。派生作品でもキャッチコピーや決めゼリフとして引用されており、北斗の拳を知らなくてもこの台詞は知っているという人も多いようで、さまざまなシチュエーションで使われているようです。

■使い過ぎると鬱陶しがられることもあるので、注意が必要!

今回のランキングにランクインした決めゼリフは、誰でも一度は聞いたことがある有名な台詞ばかりでした。このような決めゼリフは、使い過ぎると周囲から鬱陶しがられることもありますので、注意が必要ですね。

関連記事

ページ上部へ戻る