4位ケンコバ!略した名前がしっくりくる芸能人ランキング

芸能界での人気を表すあだ名。
特徴で認識されていた頃に始まり、時代を経てからようやく行き着く場所でもあります。
特に名字と名前で略す呼び名にはその芸能人に対してのプラス、マイナスの感情とは他の部分で浸透、世間からの認識は一気に大きいものとなります。
今回は略したあだ名がしっくり来る芸能人ランキングをご紹介いたします。

■質問内容

略した名前がしっくりくる芸能人は誰ですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:キムタク(木村拓哉) 33.0%
2位:マツジュン(松本潤) 29.0%
3位:たかみな(高橋みなみ) 27.0%
4位:ケンコバ(ケンドーコバヤシ) 23.0%
5位:こじるり(小島瑠璃子) 20.0%
6位:深キョン(深田恭子) 18.0%
7位:こじはる(小嶋陽菜) 12.0%
7位:トヨエツ(豊川悦司) 12.0%
9位:クドカン(宮藤官九郎) 11.0%
10位:ゴクミ(後藤久美子) 10.0%
10位:ブラピ(ブラッド・ピット) 10.0%

●知らない人はいないほど。第1位は、、

第1位は元SMAP木村拓哉さんの「キムタク」が選ばれました。
このあだ名はいつからか世に浸透していたものの、実は木村さん自体あまり良く思っていないとか。
木村さんのファンは「木村くん」や「拓哉」等と呼んでいるそうですね。
元々キムタクという愛称が世に出始めた頃はメンバーの中でも笑い話となっており、その頃はまさかここまで浸透するとは思っていなかったでしょうね。
略し呼びの代名詞であり、男性アイドル・イケメン男の象徴的存在としても定着していきました。
それでも最近は木村さん自身、以前ほどの嫌悪感は抱かなくなり、食堂のメニューに使われているキムチ+たくあんの組み合わせをキムタクと呼ぶものにも微笑み返しが出来るようになったとか。

2位は嵐の松本潤さんの「マツジュン」がランクイン。
気がつけばその名が一気に広まったマツジュン呼び。
本人は少し嫌悪感を抱いておりますが、その他の呼び名になることなく現在のように定着していきました。他にも「潤くん」や「MJ」呼びがありますがどれもマツジュンに敵いませんでした。

3位は元AKB48の高橋みなみさん。
グループ在籍中はキャプテンや総監督としての役割を担い、グループのリーダー的存在として活躍してきました。
現在でも熱い思いは健在で、見ているだけで力が沸いてくるたかみなさん。
みなみと言う愛らしい名前が故、名前呼びも中々浸透しましたがそれ以上に略し名前が世に出回りました。

■なぜか距離が縮まる魔法のようなものがあります。

いかがでしたでしょうか?
他にも役者、芸人、海外芸能人など様々な面々がランクインした結果となりました。
略し名前は何故だか一気に距離が縮まるというか、世間からの愛を感じますよね。
だからこそ長年愛されている人が多く、これからも第一線でわたしたちを楽しませてくれそうな期待のもてるランキングとなりました。

関連記事

ページ上部へ戻る