歴代最高だったワンピースの映画1位は?

国内はもちろん、今や世界的に大人気となっているアニメと言えば、みなさんご存知の「ワンピース」ですよね。もともとは週刊少年ジャンプで連載されていた漫画を原作としていますが、テレビアニメ化を経てアニメ映画も公開されました。

そこで今回は10代から40代の男女を対象に「一番よかったワンピースの映画」を聞いてみました。2018年1月現在で13作品が公開されている劇場版ワンピースの中で、もっともファンから支持を得た作品は何だったのでしょうか?さっそくランキングを紹介します。

■質問内容

ワンピースの映画でよかったものはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:ONE PIECE FILM Z 21.0%

2位:ONE PIECE FILM GOLD 20.0%

3位:ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 18.0%

4位:ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 17.0%

5位:ONE PIECE ねじまき島の冒険 15.0%

6位:ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち 14.0%

7位:ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜 12.0%

8位:ONE PIECE 11.0%

8位:ONE PIECE FILM STRONG WORLD 11.0%

劇場版の12作目が堂々のランキング1位を獲得!

「一番よかったワンピースの映画」を聞いて見た結果、見事に1位を獲得したのは2012年に公開された劇場版12作目となる「ONE PIECE FILM Z」でした。興行収入は驚異の68億7000万円!劇場版ワンピースの中でも最大のヒット作品となりました。

おなじみの「麦わらの一味」はもちろん、新世界を舞台にゼット率いるNEO海軍との戦いに胸を高鳴らせたファンも多いと思います。劇場版ワンピースとしては初めて主題歌を海外歌手のアヴリル・ラヴィーンさんが歌ったことでも話題となりましたね。

劇場版最新作が2位にランクイン!

僅差でランキング2位となったのは2016年に公開された劇場版13作目となる作品「ONE PIECE FILM GOLD」でした。前作には及ばなかったものの、2作連続で興行収入は50億円を突破。ワンピースの人気が衰えていないことを証明してくれました。

前作から少し期間が開いたため、新作を待ち望んでいたファンが多かったのがランクインの要因かもしれませんね。

劇場版3作目の名作映画がランキング入り!

続いて3位にランクインしたのは劇場版3作目となる「ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国」でした。公開されたのは2002年。「麦わらの一味」の中でも有数の人気を誇るメンバー、トニートニー・チョッパーの劇場版デビュー作だけあって、多くのファンの記憶に残っているようです!

同時公開されたショート映画「ONE PIECE 夢のサッカー王!」も高い評価を得ました。

日本が世界に誇るアニメ映画の飛躍に今後も期待!

今回は10代から40代の男女を対象に「一番よかったワンピースの映画」を聞きました。どの作品も非常に魅力的な劇場版ワンピース。これを機械に1作目から見直したくなったファンも多いと思います。日本が世界に誇るアニメ作品ワンピースの今後にも期待したいですね!

関連記事

ページ上部へ戻る