王道がずらり!好きな日常系アニメランキング

 

主人公やその周りを取り巻く人々の日常をゆるく描いた「日常系アニメ」。特別ドラマチックな展開はないものの、年代を問わず多くの人から愛される作品が多いジャンルですね。 今回は、10~40代の男女を対象に、「好きな日常系アニメ」についてアンケートを実施しました!

■質問内容

好きな日常系アニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:ドラえもん 33.0%

2位:サザエさん 26.0%

3位:ちびまる子ちゃん 19.0%

4位:クレヨンしんちゃん 16.0%

5位:夏目友人帳 12.0%

6位:あたしンち 9.0%

7位:WORKING!! 7.0%

7位:ARIA 7.0%

9位:おそ松さん 6.0%

9位:涼宮ハルヒの憂鬱 6.0%

ひみつ道具は永遠の憧れ!『ドラえもん』が堂々の1位

1位には『ドラえもん』がランクインしました。未来からきたネコ型ロボットのドラえもんとダメな小学生・のび太というお馴染みのコンビが主人公の、国民的アニメですね。放送開始からまもなく40年を迎える長寿アニメであり、幅広い世代からのポイントを獲得した結果の首位ではないでしょうか。 『ドラえもん』の最大の魅力といえば、ドラえもんのお腹の四次元ポケットから飛び出すひみつ道具でしょう。あんなことできたらいいな…を叶えてくれる便利な道具が満載です。どのひみつ道具が欲しいかを友達と言い合ったことがある人は多そう。家族が世代を超えて一緒に楽しめるアニメですね。

THE日本の家族!『サザエさん』が2位

2位にランクインしたのは『サザエさん』。主人公のサザエを中心とする2世代の家族が繰り広げるホームドラマです。最近では減ってしまった大家族・磯野家に憧れる人もいるのではないでしょうか。威厳がある波平とみんなをやさしく見守るフネの姿は、古き良き日本のお父さんお母さん像そのもの。にぎやかな子どもたちの繰り広げるドタバタも、微笑ましいですね。 『サザエさん』は『ドラえもん』よりもさらに歴史が長く、放送開始からもうすぐ50周年を迎えます。回答者の年代のみならず、さらに上の世代にも馴染み深い『サザエさん』。この順位も納得です。

まる子に自分を重ねてしまう?3位には『ちびまる子ちゃん』がランクイン

3位に入ったのは『ちびまる子ちゃん』です。だらしなく怠け者のダメダメな小学3年生・まる子、彼女に手を焼き呆れるお母さんとお姉ちゃん、いい加減な性格のお父さん、いつでもまる子の味方のおじいちゃん、やさしいおばあちゃんという家族構成のさくら家の日常が描かれています。 放送が開始された1990年代に子どもだった方が、今ちょうどパパ・ママ世代。わが子と一緒に楽しんでいる層からのポイントは多そうです。また、物語の舞台が1970年代のため、40代以上の方にとっては懐かしく感じられる描写も多数。多くの世代に馴染みやすいことが、高いポイントに繋がった一因でしょう。

世代を超えて楽しめる日常系アニメが人気!

今回のトップ3には、幅広い世代から愛される、国民的人気アニメがランクイン。どなたにとっても納得の結果なのではないでしょうか。日常を描いた作品のよいところは、親しみを持って楽しめる点。これからも上位作品を楽しみつつ、新しい日常系アニメの登場にも期待したいですね!

関連記事

ページ上部へ戻る