マツコ人気?10年後も放送してそうなバラエティ番組TOP10

年々レベルがあがっていくバラエティ番組。
同時に規制が多くかかり、限られた中での笑いで視聴者をいかに誘えるかが勝負になっている1面も。
今回はそんな過酷な状況で人気をさらうバラエティの中で、10年後も変わらず放送していそうな番組はなにか調査したのでご紹介致します。

■質問内容

10年後も変わらず放送していそうな人気バラエティ番組はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:有吉反省会(日本テレビ)  18.0%
1位:マツコの知らない世界(TBS)  18.0%
3位:マツコ会議(日本テレビ)  16.0%
4位:炎の体育会TV(TBS)  15.0%
4位:YOUは何しに日本へ?(テレビ東京)  15.0%
6位:幸せ!ボンビーガ-ル(日本テレビ)  13.0%
7位:得する人損する人(日本テレビ)  12.0%
8位:珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー(TBS)  11.0%
8位:水曜日のダウンタウン(TBS)  11.0%
10位:有吉ゼミ(日本テレビ)  10.0%

●今やバラエティ界、影の2トップ芸人が並んで1位を獲得。

第1位は有吉反省会とマツコの知らない世界が並んで選ばれました。
有吉反省会は毎回登場するゲストの反省を面白おかしく突っ込み続け、祓を落とす番組。
深夜番組ながら話題となることが多く、歯に衣着せない有吉さんだからこそ出来るはっちゃけ過ぎた内容に視聴者の心を鷲掴みにしているようです。
同率で1位はマツコの知らない世界が並びました。
今までは普通に暮らしの中で使っていた物や事を、マニアックな視点から見ていきます。
ゲストから話を聞くマツコさんの姿は、見ていてこちらも思わずクスリと笑ってしまいますね。

3位のマツコ会議は、独特のセンスが持ち味のマツコさんだからこそ成り立つ番組編成。

4位には体育会の番組の中でも世界的なアスリートを続々登場させる「炎の体育会TV」と国際的な知識も身に付く「YOUは何しに日本へ?」が並びました。

6位の「幸せ!ボンビーガ-ル」はこんなご時世だからこそ、貧乏を明るく受け止めたいと思う人続出、7位の「得する人損する人」はこの手の番組特有の安定感を感じます。

8位の「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー」では視点を変えると面白さが滲む戦いとなり、同率の「水曜日のダウンタウン」は説の検証が受けただけでなく、一風変わった演出も視聴者からの笑いを誘っています。

10位の「有吉ゼミ」は専門的分野を追求する中での新しい笑いに挑戦し、人気を博しました。

いかがでしたでしょうか。
10年があっという間に過ぎるようなテンポ良い番組を中心にランクインしました。
これからも視聴者の興味を引っ張っていける楽しい番組作りを応援したいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る