小栗旬のハマり役だと思うキャラクターTOP3

今や若手を代表する実力波野1人となった俳優・小栗旬さん。今回は、10~40代の男女を対象に「俳優・小栗旬のハマり役だと思うキャラクター」を聞いてみました!

■質問内容

俳優・小栗旬のハマり役だと思うキャラクターはどれですか。

■調査結果

1位:花沢類(花より男子) 40.0%
2位:サブロー、織田信長(信長協奏曲) 26.0%
3位:ルパン3世(ルパン三世) 17.0%
4位:佐野泉(花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~) 14.0%
5位:日向徹(リッチマン,プアウーマン) 13.0%
6位:段野竜哉(ウロボロス~この愛こそ、正義。) 10.0%
7位:内山春彦(ごくせん) 9.0%
7位:坂田銀時(銀魂) 9.0%
9位:吉川のぼる(GTO) 7.0%
9位:稲見朗(CRISIS 公安機動捜査隊特捜班) 7.0%
9位:滝谷源治(クローズZERO) 7.0%

●1位!花沢類(花より男子)

1位はマンガ『花より男子』の実写ドラマ版で演じた「花沢類」でした!

イケメントップ4「F4」の1人として登場しましたが、小栗旬さんの登場は衝撃的だったと言えるでしょう。

この作品によってブレイクしたといっても過言ではないため、昔からのファンの中には「小栗旬=花沢類」という人も少なくないようです。

当初は、このドラマでついたイメージが強すぎて、少し悩んだりもしたそうですが、やはり大切な作品であることには変わりありませんよね。

実際に、客観的に見ても、小栗さんの花沢類ははまり役であったと感じます!

●2位!サブロー、織田信長(信長協奏曲)

2016年に公開され大ヒットとなった映画『信長協奏曲』よりサブロー、織田信長(=明智光秀)が2位でした!

タイムスリップした高校生(サブロー)が、本物の織田信長と出会い天下統一を目指す…というあらすじですが、一歩間違えると、荒唐無稽になりかねません。

しかしながら、小栗さんの抜群の演技力によってそれをカバー。

映画の世界に引き込まれる、見応えたっぷりの作品になりました。

それにしても、2役を完全に別人格で演じきるなんて…本当に見事ですね!

●3位は…!ルパン3世(ルパン三世)

ありそうでほとんどなかった『ルパン三世』の実写版。2014年に劇場公開され、話題となりましたので、記憶に残っている人も多いことでしょう。

実写版の中で、主役ルパン三世を演じたのが小栗旬さんでした。

「誰が演じてもルパンは無理でしょ」

そんな声も多かったのですが、実際に作品を見てみると、かなり仕上がった小栗さんのルパン三世を見ることができました。

ただ単にものまねのように寄せていくのではなく、実写ならではのリアリティーも。

多くの人が知っているだけにとても難しかったと思いますが、見事に「ハマり役の1つ」にしましたね!

■多方面で大活躍♪

小栗旬さんは、ドラマや映画のみならず、舞台やアニメ、ラジオドラマ、ナレーション、CMにも多数出演。さらには、監督としても作品を発表しています。ただいたずらに手を広げるのではなく、それぞれの仕事で得た経験を、きちんと俳優業にいかせている印象です。この調子で、より多方面で活躍してほしいですね!

関連記事

ページ上部へ戻る