2位のだめ!心にも響く最高の音楽アニメTOP10

歌や音楽を題材にしたアニメやゲーム作品が最近特に多くなっていると思いませんか?一口に歌や音楽といってもジャンルはさまざま。ジャンルの数だけ作品があり、ドラマが描かれています。今回は、10~40代の男女を対象に、「音楽を題材にしたアニメで好きな作品」を調査してみました。

■質問内容

音楽を題材にしたアニメで好きな作品はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:けいおん! 35.0%

2位:のだめカンタービレ 29.0%

3位:マクロス 27.0%

3位:響け!ユーフォニアム 27.0%

5位:ラブライブ! 18.0%

5位:四月は君の嘘 18.0%

7位:うたの☆プリンスさまっ♪ 17.0%

8位:TARI TARI 10.0%

9位:覆面系ノイズ 7.0%

9位:NANA 7.0%

9位:坂道のアポロン 7.0%

9位:マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ 7.0%

1位は日常系バンドアニメ『けいおん!』

1位には『けいおん!』がランクイン。廃部寸前の軽音部でバンド「放課後ティータイム」を組み、活動する女子高生たちの3年間を描いた青春ストーリーです。 放送当時の人気は絶大で、オープニング曲・エンディング曲が、ともにオリコン週間チャートのトップ10にランクイン。『けいおん!』をきっかけに楽器を始める人も少なくありませんでしたね。 主人公たちの等身大の姿が描かれ、日常系アニメの先駆けともいわれる『けいおん!』。今でも多くのファンに支持され続けているようです。

天才のだめとゆかいな仲間たち『のだめカンタービレ』が2位

2位は『のだめカンタービレ』です。この作品の題材はクラシック音楽。エキセントリックで天才肌のピアニスト・野田恵(のだめ)を主人公に、指揮者・千秋真一をはじめ、変人揃いの仲間たちとのドタバタが繰り広げられます。のだめの常識はずれなキャラクターは中毒性抜群。のだめの挫折や成功に一喜一憂したり、のだめと千秋の恋愛の行方にやきもきさせられたりと、ハマる要素が多い本作です。推す声が多いのもうなずけます。

3位は『マクロス』と『響け!ユーフォニアム』

3位には『マクロス』が入りました。『マクロス』とは第一作目の『超時空要塞マクロス』以降続くシリーズの総称です。シリーズ中では「歌」の力が大きな意味をもっています。初代ヒロインのリン・ミンメイをはじめ、歴代ヒロインたちの歌声に癒されたファンは多いでしょう。 同じく3位の『響け!ユーフォニアム』は、公立高校の吹奏楽部を舞台としたアニメです。練習熱心でなく実力もなかった吹奏楽部が、新任の顧問のもとで全国大会を目指して奮闘するストーリーは、学園青春ものの王道。好感度の高さが票を集めた要因かもしれません。

ジャンルもキャラクターもさまざまな音楽を題材にしたアニメたち

軽音、クラシック音楽、歌、吹奏楽と、トップ3だけをとってみても、音楽のジャンルが全く異なる作品がランクインしました。 どの作品も、キャラクターはもちろん、奏でられる音楽もとても魅力的です。アニメをきっかけに音楽に興味を持った方も多いでしょう。さまざまな音楽に出会わせてくれる新しいアニメの登場にも期待したいですね!

関連記事

ページ上部へ戻る