ドラマは毎週見る派?溜めて一気に見る派?

気に入ったドラマは、初回から最終回まで欠かさず見てストーリーを楽しみたいですよね。とはいえ、毎回、放送時間にテレビの前でくつろいで見られるとは限りません。あらかじめ録画してからまとめて一気に見ている人も多いのでは。

今回は、10代〜40代の男女を対象に「ドラマは毎週見る」のか「ドラマは溜めてから一気に見る」のかをアンケートで調査。結果をまとめてみました。

■質問内容

ドラマは毎週見る派?溜めてから一気に見る派?

■調査結果

1位: 毎週見る          42.0%
2位: 一気に見る       22.0%
3位: ドラマは見ない  19.0%
4位: テレビを見ない  10.0%
5位: その他             7.0 %

●4割が「毎週見る」派

調査の結果、およそ4割の人がドラマを「毎週見ている」と回答しました。

●2割が「一気に見る」派

「一気に見る」という人は約2割。「毎週見る」派の半数にとどまっています。

■「視聴者心理」を考えれば当然

テレビ視聴者の心理からすると、毎週、ドラマを欠かさず見たいというのは当然の心理。ストーリーをいち早く追いたいという気持ちはもちろんのこと、好きな男優・女優が演じる姿も、同じくいち早く見たいものです。

ただし仕事などの関係で、どうしても「放送時間中にテレビの前でくつろげない」というケースも多々ありそう。どのようにしてスケジュールを調整しているのかが気にかかります。

また「録画しておいて、時間ができたらすぐに見る」という人も、「毎週見る」と回答した可能性がありますね。

■「一気に見たい」心理とは?

「一気に見る」という人は、仕事などの関係で放送時間中はテレビの前にいられないとがあらかじめわかっているケースが考えられます。

中には、録画時の機能を利用して「コマーシャルをカットしたい」という人もありそう。そういえば、1時間のドラマもオープニングやエンディング、コマーシャルをカットすれば45分前後に縮まりますから、「時間を節約したい」という心理も併せて働いているのかもしれません。

■4割が「ドラマに興味なし」

ところで「ドラマを見ない」「テレビを見ない」と回答した人を合わせると、約4割が「ドラマに興味がない」と読み取ることができます。

最近は、「大ヒット作が出なくなった」「バラエティー番組に食われている」といわれることもあるテレビドラマの未来が少々、不安になる調査結果になりました。

とはいえドラマを「ネットで見る」人や「映像ソフトで見る」人も一定数はいると考えられますから、機会があればもう少し突っ込んだアンケートで新たな数字をまとめてみたいところですね。

関連記事

ページ上部へ戻る