実写化成功アニメ一覧!キャスト・再現性・改変で評判だった人気作品ランキング

最近のアニメ作品は、複数のメディア展開をするアニメも存在します。例えば、実写映画化もその一つと言えるでしょう。アニメだからこそできた表現やキャラクターなどもありますが、意外に実写化してみて面白かった作品もあります。そんな実写化してみたら面白かったアニメ作品をピックアップしてみました。

■質問内容

期待以上に実写化がよかったアニメはどれですか

■調査結果

1位:るろうに剣心(主演:佐藤健) 25.0%

2位:のだめカンタービレ(主演:上野樹里) 16.0%

3位:デスノート(主演:藤原竜也) 9.0%

4位:NANA(主演:中島美嘉・宮崎あおい) 6.0%

4位:映画 怪物くん(主演:大野智) 6.0%

●意外とマッチしたアニメキャラクターと俳優

今回の調査で実写化して面白かったニメ作品一位に輝いたのは、「るろうに剣心」でした。るろうに剣心は、週刊少年ジャンプで連載していた漫画が原作で、漫画の後にアニメ化されています。

主人公は明治時代を生きる一人の侍で、元は幕府のために人を切っていた侍でした。天才的な剣術とセンスで、次々に人を切っていたが時代の変化で人きりという存在が闇に葬られます。

緋村剣心もその時代に合わせ人を守るために剣を振るうようになります。そんな暗い過去を持ち、訳ありの主人公を見事に演じたのが、俳優の佐藤健でした。風貌もかなり似ている部分が多く、アニメの実写化作品としてはかなり好評でした。

脇を固めるキャラクターも再現率が高く、またるろうに剣心の肝であるアクションシーンもCGやワイヤーを駆使して再現していました。実写化も続編が続いた作品で、アニメから実写化という流れの成功作品と言えるのではないでしょうか。

次にランクインしたのは、「のだめカンタービレ」です。こちらも漫画原作で、次にアニメ→実写化という流れで作られた作品です。

主人公ののだめは、女優の上原樹里が担当し、繊細で時々突拍子もない行動をとる姿なども再現率が高く、かなり原作に近いキャラクターでした。また主人公の彼氏役として、キャスティングされた玉木宏もかなりマッチしており、アニメキャラクターに近い立ち振る舞いが好評でした。

■アニメから実写化で成功する作品

今回の調査でランクインした作品の多くは、漫画原作でその後アニメ化し、最後に実写化というものが流れになっています。これらの作品の共通点は、キャラクターの再現率が高いということです。

今後もアニメから実写化という流れが増えていくことになると思います。期待以上に再現率の高い作品が登場する機会も多くなることでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る