もっとも印象的な80年代アニメソングTOP5

今でも親しまれるアニメの傑作がたくさん誕生した80年代。それらの作品を彩った名曲の数々があります。今回は、30歳から40歳の男女を対象に「印象的な80年代アニメソング」を聞いてみました。

■質問内容

 印象的な80年代アニメソングはどれですか。

■調査結果

1位: タッチ/岩崎良美(タッチ)   39.4 %
2位: その他   13.6 %
3位: ドラえもんのうた/大杉久美子(ドラえもん)   12.1 %
4位: 摩訶不思議アドベンチャー!/高橋洋樹(ドラゴンボール)   10.6 %
5位: うしろゆびさされ組/うしろゆびさされ組(ハイスクール!奇面組)   7.6 % 

●青春とともによみがえる!? タッチ

イントロが流れるだけで、どこか胸を締め付けられるような切なさすら感じてしまうような名曲『タッチ』。アイドルの岩崎良美さんにとっても最大のヒットソングとなり、『第27回日本レコード大賞』の金賞にも輝いています。アニメ『タッチ』の淡い青春群像劇のように、もはや「80年代の青春ソング」といっても過言ではない、名曲と言えるでしょう。実際にこの曲を聞くと「あの頃の思い出とともに記憶がよみがえる」という人も多いのではないでしょうか。

●かわいい名曲! ドラえもんのうた

夢の溢れる歌詞と、可愛らしい曲調で、老若男女の心をつかむ名曲『ドラえもんのうた』。ドラえもん放送の1981年10月から2005年10月までの、実に25年間のオープニングテーマとして君臨したということで、もはやその印象深さは80年代にとどまらないと言えそうです。小さなお子さんに聞かせても喜ばれるでしょうし、場合によっては「胎教」にも使えるかもしれません。夢を持った素敵な大人に育ちそうですね。

●ファンキーで世界観にマッチ! 摩訶不思議アドベンチャー!

ファンキーで多国籍。そんな初代『ドラゴンボール』の雰囲気を見事に表現した主題歌が『摩訶不思議アドベンチャー!』です。『CHA-LA HEAD CHA-LA』『DANDAN心魅かれてく』『僕達は天使だった』…など、ドラゴンボールシリーズには名曲が多いのですが「80年代」ということなら『摩訶不思議アドベンチャー!』に決まりですね!

■みんな知ってる! 80年代アニメソング

30〜40代の方にとっては懐かしさと共に思い出される80年代のアニメソング。けれど不思議と、20代以下の人にも知名度が高いんですよね。ケーブルテレビや再放送で作品を見ていたり、ご両親や兄弟の影響で作品に興味を持ったり、という若い人が結構多いようです。実際に、今回ランクインした曲も、今聞いてもほとんど古さを感じさせないのはすごいところ。職場の後輩とカラオケに行った時に歌ってあげたら、打ち解けられる可能性「大」です! 

余談ですが、今回のランキングの第2位「その他」で、皆さんがどんな曲を選んだのか…とても気になりますね!

関連記事

ページ上部へ戻る