男性に質問!男が格好いいと思うジャンプアニメ男性キャラクターランキング

週刊少年ジャンプで連載されている作品は、アニメ化される率が高いです。人気のジャンプ漫画が映像化されるためアニメ化されるときはかなり注目されます。今回はそんなジャンプアニメをピックアップしてみました。ジャンプアニメの中でも男性が見てもかっこいいと思う男性キャラクターは誰か見てみましょう。

■質問内容

男性に質問!男が格好いいと思うジャンプアニメ男性キャラクターはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:日向小次郎(キャプテン翼) 20.0%

2位:流川楓(SLAM DUNK) 14.0%

2位:ディオ・ブランドー(ジョジョの奇妙な冒険) 14.0%

4位:ロロノア・ゾロ(ONE PIECE) 12.0%

4位:空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険) 12.0%

4位:斎藤一(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-) 12.0%

7位:緋村剣心(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-) 10.0%

8位:跡部景吾(テニスの王子様) 8.0%

8位:土方十四郎(銀魂) 8.0%

8位:雲雀恭弥(家庭教師ヒットマンREBORN!) 8.0%

8位:飛影(幽☆遊☆白書) 8.0%

8位:キルア=ゾルディック(HUNTERXHUNTER) 8.0%

8位:夜神月(DEATH NOTE) 8.0%

 

■悪を極めたキャラクター「ディオ・ブランドー」

今回ピックアップしたキャラクターは「ディオ・ブランドー」です。このキャラクターは「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するキャラクターの一人で、ポジション的にはラスボスです。ジョジョは現在も連載されている漫画で、ジョースター家の血統を描いたものとなっており、さまざまな主人公や敵キャラクターがいます。

「ディオ・ブランドー」は第一部でライバルキャラクターとして登場しました。その時は自身の野望を叶えるために吸血鬼へと進化し、主人公であるジョナサンを襲います。一部では負けはしましたが、何とか生き延びます。

そして第三部で再び敵として登場します。この第三部が彼を有名にしたと言ってもいいでしょう。主人公たちの仲間をあっさりと殺し、自身の能力で主人公を追い詰めます。その時の能力が時を止める能力で、時を止めた世界では彼だけ動くことが出来ます。

こんな恐ろしい能力を持ちつつさらに吸血鬼というラスボスに相応しい能力を持っていました。また第三部絵は名言が多く、その名言の中にはディオ・ブランドーが発言したものも含まれています。このディオ・ブランドーという悪の象徴は他の作品へも影響を与えており、今でも人気のあるキャラクターです。気になる方はぜひ第一部からチェックしてみてください。

HORANE調べ

2019年3月

調査対象:10~40代の男性

関連記事

ページ上部へ戻る