3位フラワー!好きなKinKi Kidsの曲ランキング

  • 2019/3/28

 

 

2018年にデビューから21年を迎えたKinKi Kidsは、心に響く名曲を数々届けてくれています。今もなお成長をし続けている2人ですが、デビュー当初から変わらぬ魅力を放つ曲の数々を改めて振り返ってみましょう。
今回は、10代から40代の男女を対象としたインターネット調査で「好きなKinKi Kidsの曲」をあげてもらいました。

 

■質問内容

好きなKinKi Kidsの曲はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:硝子の少年 27.0%

2位:全部だきしめて 17.0%

3位:フラワー 14.0%

4位:愛されるより 愛したい 12.0%

5位:ボクの背中には羽根がある 11.0%

6位:愛のかたまり 9.0%

7位:ジェットコースター・ロマンス 8.0%

7位:もう君以外愛せない 8.0%

9位:薄荷キャンディー 6.0%

9位:ね、がんばるよ。 6.0%

9位:Anniversary 6.0%

 

●1位:硝子の少年

27%の人が好きだと回答して1位に選ばれたのは、デビュー曲でもある『硝子の少年』でした。山下達郎が作曲、松本隆が作詞という贅沢な楽曲なのも特徴。アイドルのデビュー曲とは思えないマイナー調のメロディと硝子のようにもろい少年の心を表現した歌詞に心を打たれます。年齢を重ねていくほどに、2人の歌う『硝子の少年』が深みを増していくのも感じられるでしょう。

 

●2位:全部だきしめて

KinKi Kidsの4枚目シングルとして発売された『全部だきしめて/青の時代』のなかの1曲です。もともとは吉田拓郎のアルバムに収録された曲ですから、KinKi Kidsのほうはカバー曲という扱いになります。吉田拓郎とKinKi Kidsが司会を務めた音楽バラエティ番組『LOVE LOVEあいしてる』としても有名ですね。

 

●3位:フラワー

3位にランクインした『フラワー』は、KinKi Kidsの7枚目シングルです。2人が出演したANA「’99パラダイス沖縄」のキャンペーンソングということもあり、爽やかな曲調が特徴といえるでしょう。メッセージ色の強い歌詞が多くの人の心を惹きつけます。

 

■ジャニーズでは珍しいデュオに今後も期待

KinKi Kidsは、ジャニーズでは珍しいデュオとしても注目をされてきました。2人ともクリエイターとしての才能にも溢れており、人気を得てからもそれぞれのスタイルで挑戦をし続けてきているところも魅力です。どこか哀愁の漂うような潤った声をもつ2人の声が混ざり合って生まれる独特な音は、これからも進化していくはず。今後もどのような楽曲を聴かせてくれるのか期待したいですね。

 

HORANE調べ

2019年3月

調査対象:10~40代の男女

 

ページ上部へ戻る