渡辺謙も…実は白血病を患っていた有名人たち

白血病と聞くとそれだけで大きな病気ということは伝わってきます。
気付いたタイミングや年齢、体力によっては見事復活した人もいれば、残念ながら亡くなった方もおり、治療との相性等も大きく関係していることがわかります。

そこで今回は、白血病だったと聞いて驚いた芸能人は誰か、ランキングにしてご紹介いたします。

■質問内容

白血病だった(亡くなった方含む)と知って驚いた有名人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:池江璃花子(競泳女子日本代表) 39.0%

2位:本田美奈子 36.0%

3位:渡辺謙 35.0%

4位:夏目雅子 22.0%

5位:アンディ・フグ 14.0%

6位:吉井怜 13.0%

7位:大塚範一 12.0%

8位:市川團十郎 8.0%

9位:早川史哉(サッカー選手) 5.0%

10位:浅野史郎(元宮城県知事) 4.0%

10位:糟谷悟(マラソン選手) 4.0%    

●世界中に激震が走った!1位「池江璃花子(競泳女子日本代表)」39.0%

第1位は池江璃花子さんとなりました。

日本代表の競泳選手として、2020年の東京五輪ではメダル候補と期待されていた池江さん。
出場へは本人も意欲的でしたから、五輪で輝く自身の姿を幾度となくイメージしていたのではないでしょうか。

そんな中で突然発覚した彼女の白血病。
自身が抱いた違和感から、受診し検査したところ診断が下されたといいます。

早期発見を強調した日本水泳連盟の言葉を信じ、連日マスコミにより「東京五輪出場」の可能性が取り沙汰されていますが、何よりも彼女の体調が戻ることがまずは先決だと言えるでしょう。

メダルが期待されていた中で打ち明けるのも彼女自身、非常に勇気のいることだったと思いますが、どうか辛い治療を乗り越えて欲しいものです。

また、女医でありタレントの西川史子さんの言葉通り、アスリートの方々は急激に治ることを我々も願って止まないですね。

●2位「本田美奈子」36.0%

2位には本田美奈子さんがランクイン。

歌手としてはもちろん、ミュージカル等幅広い分野で自身の才能を発揮していた彼女もまた、白血病でした。

彼女の場合、風邪に似た症状が長く続いていたものの、忙しく仕事をこなしていたといいます。
そのため、白血病が発覚した時には既に病状も悪化していたこと、それから白血病の中でも予後不良のタイプだったこともあり、闘病生活の末に息を引き取りました。

発覚から死に至るまでがあまりにもあっけなく、今尚彼女の笑顔、輝きは色褪せることがありませんね。

●10位「糟谷悟(マラソン選手)」4.0% 

ちょっとマイナーかもしれませんが、10位には糟谷悟さんがランクイン。

アフラックのCMで白血病であったことを世間に伝えた彼もまた、現在では克服して競技を続けています。

第1位にランクインした池江さんへのエールを送っているように、克服した人々の声は現在治療中の人々の心に響くものがあるのではないでしょうか。

■克服できる病気!!

白血病とは、年々治療法も増えて克服できる病気として認識されているのではないでしょうか。
今白血病で苦しんでいる人も含め、克服した人が既に活躍していることは驚きだけでなくプラスの感情にもなりますね。

HORANE調べ
2019年3月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る