二世でなくても十分イケる二世タレントといえば?

  • 2017/10/19

 

二世タレントが続々とデビューを果たしていますが、最近では「二世というだけで実力がない」などとからかわれる対象にもなっています。バラエティ番組で親とのおもしろエピソードを話すだけという人も増えてきたからかもしれませんね。
しかし、親の後ろ盾がなくても十分に活躍できている二世タレントももちろん存在します。

そこで今回は、「二世でなかったとしても十分に売れたであろう」と思われているタレントを10代から50代の男女を対象としたインターネット調査で聞いてみました。

 

■質問内容

二世でなくても十分イケると思う二世タレントは誰ですか?ひとりお選びください。

 

■調査結果

1位:宇多田ヒカル(藤圭子の娘)        27.8%

2位:松たか子(松本幸四郎の娘)        15.4%

3位:その他        10.6%

4位:杏(渡辺謙の娘)        10.0%

5位:佐藤浩市(三國連太郎の息子)        9.4%

6位:ONE OK ROCK・Taka(森進一・森昌子の息子)        4.8%

7位:神田沙也加(神田正輝・松田聖子の娘)        4.6%

8位:小泉孝太郎(小泉純一郎の息子)        3.4%

9位:森山直太朗(森山良子の息子)        3.2%

10位:岡田結実(岡田圭右の娘)        2.4%

 

●1位:宇多田ヒカル(藤圭子の娘)

・歌の実力が半端ないから(男性30代)

・才能が溢れてる。唯一無二の声(女性30代)

・話題性に富み、実力も兼ね備えているから(女性10代)

・世界的に人気があるから(女性20代)

・本人から逆に親を知った人のほうが多いと思うから(女性40代)

 

宇多田ヒカルの母親は、演歌歌手の藤圭子。可憐な容姿からは想像のつかない力強くハスキーな声で夜の世界に生きる女の感情を歌う姿に当時の社会は衝撃を受けたといいます。ファーストアルバムとセカンドアルバムで37週連続1位を獲得した記録がある実力派です。
そんな偉大な母親が早くから才能を認めていたのが、娘の宇多田ヒカル。彼女もデビュー曲『Automatic』で斬新なPVとともに日本人とは思えない楽曲を披露し、たちまち話題となりました。一世を風靡していた小室哲哉に負けを認めさせたというほど衝撃的な登場を果たし、大ヒットを連発します。ファーストアルバムは日本国内の歴代アルバムセールスでトップを記録したうえに、瞬く間に世界にも進出しました。
宇多田ヒカルが二世ということを知らず、後から藤圭子という演歌歌手が母親だったと知った人がほとんどではないでしょうか。本人の実力で日本を代表する歌姫にのぼりつめたのですから、1位に選ばれるのも納得ですね。

 

●2位:松たか子(松本幸四郎の娘)

・実力も華もオーラもある(女性30代)

・実力、歌唱力ともに周りを凌駕してる(男性30代)

・さまざまな分野で多く活躍しているから(女性10代)

・素晴らしく強い存在があるから(男性40代)

・親なんて気にならない魅力がある(女性20代)

 

2位にランクインしたのは、歌舞伎役者である松本幸四郎を父にもつ松たか子。デビュー当時は「親の七光り」だと揶揄されることもありましたが、今はそんなことを言わせないほど立派な女優に成長しています。抜群の演技力だけでなく、『アナと雪の女王』で魅せてくれたように歌唱力も圧倒的。年齢を重ねるほどに美しさにも磨きがかかり、多才な女優として確固たる地位を築いています。芸能一家で育った影響は確かにあるでしょうが、ここまで成功をおさめるには本人の実力や努力があってこそです。

 

●4位:杏(渡辺謙の娘)

・実力があるから(男性30代)

・女優として立派にやっているから(女性10代)

・『ごちそうさん』のあの堂々とした演技にはとても好印象を抱きました。また、『ぐるナイ』の番組でも的を射たコメントでとても面白かったです(男性10代)

・自分をしっかり持っているから(女性40代)

・当時、渡辺謙の名前が一切通用しない海外でモデルとして活躍してたんだから、実力と言う他ないでしょう(男性30代)

 

なにかと話題の世界的俳優、渡辺謙を父にもつ杏が3位に選ばれました。15歳でモデルとしてデビューし、海外でも活躍しています。そのころは、父親の名を一切出さずに自分の力だけで仕事をしていたそうです。その後、女優として活躍。NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でブレークしました。バラエティや歌手活動にも挑戦し、現在では多方面で人気を博しています。
杏は過去の経験から父親に対して複雑な感情があるようで、渡辺謙の娘とみられるのは避けたかったのでしょう。いまだに父親の話題を口にすることはほとんどありません。それゆえに、人一倍努力を積み重ねて手に入れた成功なのでしょうね。

 

■実力があれば親の存在を感じさせない

今回のアンケート調査で上位にランクインした人たちは、二世タレントというイメージがほとんどありません。二世タレントであることを後から知って驚いた、という人も多いはず。実際に、このアンケート調査で初めて二世タレントであると知ったという人も少なくありませんでした。
実力があれば親の名前をあえて出さなくてすみますし、本人が輝くほど親の顔も薄れていくでしょう。

芸能界はコネクションが強い世界なので、才能がそれほどなくても二世タレントとしてデビューすることは可能です。しかし、厳しい芸能界で生き残れるかどうかは別。数多くの二世タレントが消えていくいっぽう、このようにトップレベルに登りつめる人もいるのです。
親の七光りは、いつまでも続くものではありません。最後にものをいうのは「実力」のみなのですね。

ページ上部へ戻る