もっと評価されるべき過小評価アニメTOP10

数多く存在するアニメ作品。アニメファンからの高い評価を得て人気が爆発した作品もあれば、あまり人気が振るわず、残念ながら日の目をみなかった作品も存在するようです。
とはいえ、「もうちょっと評価されてもいいのでは?」と思うアニメもありますよね。

そこで今回は、もっと評価されるべき過小評価アニメについて、10~40代の男女にアンケート調査し、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

もっと評価されるべき過小評価アニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:はたらく魔王さま! 11.0%
1位:僕は友達が少ない 11.0%
3位:フルメタル・パニック! 9.0%
4位:バディ・コンプレックス 8.0%
5位:デスマーチからはじまる異世界狂想曲 7.0%
5位:ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 7.0%
5位:精霊使いの剣舞 7.0%
5位:ママレードボーイ 7.0%
5位:お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 7.0%
10位:武装少女マキャヴェリズム 6.0%
10位:咲-Saki- 6.0%
10位:政宗くんのリベンジ 6.0%

●1位 はたらく魔王さま!

1位は「はたらく魔王さま!」がランクイン。

2013年放送のテレビアニメ。原作は和ヶ原聡司さん著のライトノベル。
泣く子も黙る魔王サタンが、もしも現代の日本に現れたら?という奇想天外なストーリーで、魔王なのにファストフード店でバイトに勤しみ、バイトから正社員になって成功することで日本を征服することをもくろむという庶民派ファンタジー。
六畳一間のボロアパートに住み、つつましく生活しながらも、ときおり無駄遣いをして、側近に怒られてしまうなど、クスッと笑ってしまう場面も多い作品です。

●同率1位 僕は友達が少ない

同率1位は「僕は友達が少ない」です。

2011年に放送されたテレビアニメ「僕は友達が少ない」。平坂読さん著のライトノベルが原作です。
ライトノベル版は「このライトノベルがすごい!」の上位にランクインするほどの人気で、2014年には実写映画にもなりました。
友達が少ない、個性的な登場人物が「隣人部」を結成し、友達を作るために奮闘するラブコメディ。
主人公に対してたくさんのかわいい女性キャラが取り囲む、いわゆる「ハーレム」系ではありますが、友達を作るための部活動という発想が目新しいストーリーですね。

●3位 フルメタル・パニック!

3位は「フルメタル・パニック!」がランクイン。

賀東招二さん著のライトノベルが原作のテレビアニメ「フルメタル・パニック!」。
幼い頃から傭兵として数々の戦場で戦ってきた主人公・相良宗介が、普通の高校生として日本に潜入し、ヒロインである千鳥かなめを守るために奮闘するSFアクション・コメディ。
戦争しか知らない主人公が、平和な日本で戸惑いながらも学園生活をおくる様子は、シリアスなのになぜか笑えるという、相反する事柄である戦争と笑いをみごとにマッチさせた作品です。

■評価が低いだけで観ないなんてもったいない!

ストーリーや、設定がすごく面白いのに、声優や作画などの評価が一部低いだけで、全体的に面白くないといわれている作品が存在するのは事実です。
評価が高い作品をみるのもひとつの楽しみですが、今回のランキングを参考に、評価が低い隠れた名作を発掘してみてはいかが?

 

 

HORANE調べ
2019年2月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る