巨額の詐欺被害にあっていた驚きの芸能人TOP9

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
span.s1 {font: 12.0px ‘Helvetica Neue’}

想像をはるかに超えるお金が動く芸能界。金銭を巡ってトラブルや詐欺になるケースもしばしば……。

そこで今回は、巨額の詐欺被害にあっていた驚きの芸能人について、10代から40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

■質問内容

巨額の詐欺被害にあっていた驚きの芸能人どれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
span.s1 {font: 12.0px ‘Helvetica Neue’}

1位:ToshI(X JAPAN)(セミナー主宰者側に15億円以上) 37.0%

2位:新庄剛志(友人に22億詐欺) 23.0%

3位:デヴィ夫人(ジャカルタ市内の土地10ヘクタールの証書を書き換えられ146億円) 22.0%

4位:GACKT(投資コンサルタント会社詐欺) 21.0%

5位:はるな愛(交際相手から2億円詐欺) 15.0%

6位:辺見マリ(拝み屋に洗脳され5億円詐欺) 14.0%

7位:矢沢永吉(巨額横領事件に巻き込まれ、35億円) 11.0%

8位:金本知憲(知人男性に8億円) 10.0%

9位:遠藤章造(ココリコ)(未公開株の詐欺にあって、数千万円) 8.0%

9位:池谷幸雄(クリニック開業詐欺、中古車詐欺など) 8.0%

●1位 ToshI(X JAPAN)(セミナー主宰者側に15億円以上)

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Helvetica Neue’; color: #454545}
p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
span.s1 {font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’}
span.s2 {font: 12.0px ‘Helvetica Neue’}

1位は、X JAPANのToshIさんでした。

1997年頃から約12年間にわたり、自己啓発セミナーに参加。セミナー主宰者に対して15億円以上を支払いました。

この洗脳事件の影響により、音楽活動も一時休止されていました。

現在はX JAPAN、また個人としても芸能界で活躍されています。事件の内容を綴った「洗脳 地獄の12年からの生還」という告白本も出版されています。

●2位 新庄剛志(友人に22億詐欺)

2位は、新庄剛志さんでした。

日本のみならず、海外でも活躍されたプロ野球選手の新庄さん。

野球で稼いだお金の管理を友人に任せていたところ、その資金の大部分を友人に使われてしまいました。

裁判を起こしましたが、友人が破産宣言をしていたため、報酬額の一部しか取り返すことができず……。想定していなかった出来事に頭が真っ白になったようですが、新庄さんの芯の強さでこの事件を乗り切りました。

現在はインドネシアのバリ島で充実した生活を送っているようです。

●3位 デヴィ夫人(ジャカルタ市内の土地10ヘクタールの証書を書き換えられ146億円)

 

3位は、デヴィ夫人でした。

デヴィ夫人が保有していた土地の所有権を詐欺集団によって書き換えられました。驚くべきは詐欺被害額、146億円……。

デヴィ夫人はジャカルタ地裁に訴えましたが、残念ながら敗訴という結果に終わりました。

莫大な遺産を失いましたが、その影響を感じさせないほど前向きに活躍されています。

■性格の良さの現れ

人生をも狂わせてしまう詐欺事件。

騙すより騙される方がいいと言いますが、詐欺に合われた方は他人を信じる性格の良さが影響しているのかもしれません。

巨額の詐欺事件にあっても、それを乗り越え現在も活躍されている点に偉大さを感じます。

 

 

HORANE調べ

2019年2月

調査対象:10~40代の男女

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
span.s1 {font: 12.0px ‘Helvetica Neue’}

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Helvetica Neue’; color: #454545; min-height: 14.0px}
span.s1 {font: 12.0px ‘Helvetica Neue’}

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Helvetica Neue’; color: #454545; min-height: 14.0px}
span.s1 {font: 12.0px ‘Helvetica Neue’}

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Helvetica Neue’; color: #454545; min-height: 14.0px}
p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Helvetica Neue’; color: #454545}
span.s1 {font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’}
span.s2 {font: 12.0px ‘Helvetica Neue’}

関連記事

ページ上部へ戻る