「孤独のグルメ」2代目候補になりそうな俳優は?

2012年に放送開始以来大人気となり、2018年にはSeason7が放映されたドラマ「孤独のグルメ」。

松重豊さん演じる井之頭五郎の食事シーンがあまりにも魅力的で「夜食テロ」とまで呼ばれるほどです。この代わりを務められる俳優さんはいるのでしょうか?

そこで今回は、「孤独のグルメ」の2代目候補になりそうな俳優について、10~40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

「孤独のグルメ」の2代目候補になりそうな俳優はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:大泉洋 25.0%

2位:阿部寛 19.0%

3位:遠藤憲一 18.0%

4位:安田顕 14.0%

5位:上川隆也 12.0%

6位:ヒロシ 11.0%

6位:中井貴一 11.0%

8位:堤真一 9.0%

9位:鈴木亮平 8.0%

9位:長谷川博己 8.0%

●1位 大泉洋

1位は、大泉洋さんです。

テレビドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」、「ハケンの品格」などに出演し注目を集め、映画でも「日本アカデミー賞」などを度々受賞している実力派。

また、小学生時代に落語のテープを暗唱できるまで聞き込んでいたといい、トーク力に定評があります。

「孤独のグルメ」は主人公の独白が多いので、大泉さんのトーク力が存分に発揮されるかもしれません。

●2位 阿部寛

2位は、阿部寛さんです。

デビュー当初はモデルとして活躍し、二枚目タレントとして人気を得ましたが、一時低迷期を過ごします。

その後、テレビドラマ「TRICK」で顔立ちに似合わない三枚目的な役柄を演じたことで再びブレイクします。映画「テルマエ・ロマエ」では、「日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞」を受賞しました。

体格も良いので、「沢山食べる」主人公に似合っていると思われます。

●3位 遠藤憲一

3位は、遠藤憲一さんです。

強面であることから、ドラマや映画では悪役を演じることが多い一方、コミカルな役までこなす人気俳優です。「エンケンさん」の愛称でも呼ばれています。
ドラマ「バイプレイヤーズ」では、「孤独のグルメ」の現主役である松重さんと共演しています。

遠藤さん、松重さんともに、「脇役」という意味であるバイプレイヤーとして地位を確立しているお二人なので、役どころとしてもイメージが合いそうですね。

■個性的な演技が求められる役

「孤独のグルメ」はなんといっても主人公が美味そうに食事をするシーンが見所。

実は、現在の主役である松重さんは小食なのだそうです。つまり、それだけ「沢山食べている」という演技をしているということ。

顔立ちやスタイル、あるいは「人気」ではこなせない、演技力が求められる役なのですね。ランクインしている俳優の皆さんも、演技力に定評のある方達です。

 

 

HORANE調べ

2019年2月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る