アニメ好きなら観てるべき鬱アニメ1位は!?

3千万人を超えるといわれる日本のアニメ視聴人口。

その多くのアニメファンの中で、伝説的に語られている鬱アニメがあり、アニメファンを語るなら視聴はマストであるといわれるほどの作品も多数存在します。
そこで今回は、アニメ好きなら観てるべき鬱アニメについて、10~40代の男女にアンケート調査し、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

アニメ好きなら観てるべき鬱アニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位: 新世紀エヴァンゲリオン 20.2 %
2位: Fate/Zero 11.7 %
3位: ひぐらしのなく頃に 10.6 %
3位: さよなら絶望先生 10.6 %
3位: 地獄少女 10.6 %
6位: 無限のリヴァイアス 9.6 %
7位: BLOOD+ 8.5 %
7位: トータル・イクリプス マブラヴオルタネイティヴ on TV 8.5 %
9位: 青い文学シリーズ 7.4 %
10位: エルフェンリート 6.4 %
10位: 君が望む永遠 6.4 %
10位: 喰霊-零- 6.4 %
10位: リトルバスターズ! 6.4 %
10位: GUNSLINGER GIRL 6.4 %

●1位  新世紀エヴァンゲリオン

1位は「新世紀エヴァンゲリオン」がランクイン。

社会現象となったほど、世の中に広い影響を及ぼした名作。
それまでの「ロボットモノ」にはなかった、少年少女が機体を操作し、次々と現れる使徒を倒していく作品で、子ども向けアニメにはない、哲学的な部分も描かれる奥の深いアニメとなっています。

残酷的な表現もところどころありますが、引き込まれるストーリーと、非現実的ではあるものの、リアルな描写で多くのアニメファンを魅了してきました。劇場版も公開されていて、アニメを語る上で外せない作品です。

●2位 Fate/Zero

2位は「Fate/Zero」です。

人気を博した「Fate/stay night」のスピンオフ作品で、「どんな願いもかなう」という聖杯を巡る戦いを繰り広げるストーリー。
あえて特定の主人公を定めない構成になっており、どの登場人物が最後に聖杯を手にするのかわからない、息をもつかせぬ攻防を描いています。
登場するキャラクターも豊富で、可愛らしい女性やかっこよすぎる男性など、ファンの間で誰が一番魅力的か議論が起きるほど、多くの「Fate」ファンから愛されている作品です。

●3位 ひぐらしのなく頃に

3位は「ひぐらしのなく頃に」です。

テレビアニメの放送は2006年と10年以上経つ現在も、多くのアニメファンから名作と語られている作品です。
「ひぐらしのなく頃に」といえば残虐な演出やシーンにクローズアップされがちなアニメですが、閉鎖的な村で繰り広げられる怪奇的な事件と、全員ひと癖もふた癖もあるキャラクターが登場するミステリー小説のような要素もあり、思わず一気見してしまうほどの魅力的な作品です。

■多くのアニメに大きな影響を与えた作品ばかり

名作と呼ばれた作品は、その後の多くのアニメ作品に影響を与えています。
今回紹介したアニメ作品を視聴することで、今後観るであろう作品に、「こんなところに影響を受けているのではないか?」と思いをはせるのもひとつの楽しみ方です。
残酷だからと敬遠するのはもったいない名作ばかりです。

 

 

HORANE調べ
2019年2月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る