トラウマ確定!?グロ注意の残酷アニメランキング

グロテスクな描写を売りにしてきた大人向けのアニメ作品で、とりわけ人気を集めている作品といえば、どれになるでしょうか。そこで今回は、グロ注意の残酷アニメについて、10代から40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

■質問内容

グロ注意の残酷アニメはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位: 東京喰種トーキョーグール 26.0 %
2位: PSYCHO-PASS(サイコパス) 17.0 %
3位: グリザイアの果実 15.0 %
3位: BLOOD-C 15.0 %
5位: エルフェンリート 14.0 %
6位: Another 13.0 %
7位: 寄生獣 セイの格率 11.0 %
7位: 黒塚 KUROZUKA 11.0 %
9位: pupa 10.0 %
10位: トータル・イクリプス 9.0 %

●1位 東京喰種トーキョーグール

1位には、「東京喰種トーキョーグール」がランクインしました。

いわゆる隣人が隣人を「食べる」というショッキングな設定はもちろんのこと、血で血を洗うと表現するほかないグロテスクな描写があいまってのトップ入りといえるでしょう。

●2位 PSYCHO-PASS(サイコパス)

2位には、「PSYCHO-PASS(サイコパス)」がランクインしています。

近未来にはあり得そうな不条理が重い同作品は、そのストーリー性を高く評価する人がある一方で、「そこまでグロテスクな描写が本当に必要なのか」という疑問を持つ人もいるようです。

●3位 グリザイアの果実

3位にランクインしたのは、「グリザイアの果実」です。

とりわけグロテスクだと評価が高いのは、第10回から第12回にわたってエピソードが展開した「バス事故」「山中に孤立」「飢餓」がキーワードになる放送回でした。

●同率3位 BLOOD-C

「グリザイアの果実」と同ポイントを獲得して3位には、暴力的かつグロテスクな作品として評価が高い「BLOOD-C」がランクインしています。

■グロアニメは見る人を選ぶ

たとえ実写ではないとはいえ、あまりにも残酷でグロティスクな描写が連続するアニメからは、思わず目を背けたくなる人もあるでしょう。とはいえ中には、その描写がたまらないという人もいるのが事実です。
見る人を選びつつも「お色気」「ナンセンス」と並んで「グロ」は、今後もそれなりの人気をつかんでいきそうですね。

 

 

HORANE調べ
2019年2月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る