勢い急降下…残念な結末を迎えたアニメTOP10

ラストに向けて失速してしまった!? 今回は、10~40代の男女を対象に「

勢いがなくなり残念な結末を迎えたアニメ」を聞いてみました!

■質問内容

勢いがなくなり残念な結末を迎えたアニメはどれですか。

■調査結果

1位: 新世紀エヴァンゲリオン 13.0 %
1位: 彼氏彼女の事情 13.0 %
3位: サムライフラメンコ 11.0 %
4位: 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 11.0 %
4位: アルドノア・ゼロ 10.0 %
4位: 終物語 10.0 %
7位: 新世界より 9.0 %
7位: 輪るピングドラム 9.0 %
9位: ギルティクラウン 8.0 %
10位: 極黒のブリュンヒルデ 7.0 %
10位: BLOOD-C 7.0 %

●1位! 新世紀エヴァンゲリオン!

1位は、『新世紀エヴァンゲリオン』でした!

20世紀を代表するアニメ作品と言える本作。

人型兵器のパイロットの少年少女たちの戦いと葛藤を描き、大ヒットとなりましたね。

そんな本作のテレビアニメ版は、非常に難解な終わり方で、賛否両論となりました。

最後の敵(使徒)と戦った後に何が起きるのかを描ききれなかったことは、ある種の失速とも言えるかもしれませんね。

●1位にもう1作! 彼氏彼女の事情!

1位には、『彼氏彼女の事情』でした!

1位の『新世紀エヴァンゲリオン』と同じく庵野秀明監督の作品です。

原作を比較的忠実に踏襲していることも大きな特徴ですが、終盤は、オリジナルストーリーの要素も入ってきました。

本作においてはラブコメの秀作という意見も多いですが、一部原作ファンの中には、オリジナル要素は必要なかったと考える方もいるようです。

●3位! サムライフラメンコ!

3位は、『サムライフラメンコ』でした!

かなり変わったヒーローアニメと言える本作。

評価がかなり割れており、はまる人はとことんはまる作品…ということができそうです。

高い評価をつける視聴者の中にも「2クールは長すぎた」との声もあるよう。いずれにしても本作の評価が定まるのは、もう少し先の事かもしれませんね。

■その結末もまた印象的!

いかがでしたか。今回は、

勢いがなくなり残念な結末を迎えたアニメが多数ランクインしました。しかしながらその失速は必ずしもマイナスではなく、かえってアニメファンの心に残る結果となった場合も少なくないようですね!

(HORANE調べ 2019年1月 調査対象:10~40代の男女)

関連記事

ページ上部へ戻る