「ダサっ」と思ってしまった歴代ガンダムとは…

美しい曲線美、シャープなデザインでありながら重厚感のある体。
あのモビルスーツを現実に着てみたい。小さい頃憧れを持った人も少なくないはずです。それなのに……これは格好良くないのでは?そう感じてしまった事はありませんか?

そこで今回は、「ダサい」と思ってしまった歴代ガンダムについて、10代から40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

 

■質問内容

「ダサい」と思ってしまった歴代ガンダムはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

 

1位:∀ガンダム/∀ガンダム 21.3%
2位:ガンダム・バルバトス/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 11.3%
3位:ゴッドガンダム/機動武闘伝Gガンダム 10.0%
4位:G-セルフ/ガンダム Gのレコンギスタ 8.8%
4位:ユニコーンガンダム/機動戦士ガンダムUC 8.8%
4位:ガンダムAGE-3/機動戦士ガンダムAGE 8.8%
7位:ガンダム/機動戦士ガンダム 7.5%
7位:ガンダムAGE-1/機動戦士ガンダムAGE 7.5%
7位:νガンダム/機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 7.5%
7位:ウイングガンダム/新機動戦記ガンダムW 7.5%
7位:ガンダムAGE-FX/機動戦士ガンダムAGE 7.5%
7位:ウイングガンダムゼロ/新機動戦記ガンダムW 7.5%

 

 

●1位 ∀ガンダム/∀ガンダム
 

1位は、∀ガンダムです。

∀ガンダムのデザインは、ガンダムの産みの親でもある富野由悠季監督が、戦闘や戦争というよりも再出発の未来への思いをコンセプトにしたものである為、これまでのガンダムのイメージとは全く違う印象となり、ガンダムファンのイメージや期待と程遠いものになったと言われています。
 

又、これまで携わったデザイナーではなく、外国人デザイナーのシド・ミードさんがデザインを担当しました。

 

●2位 ガンダム・バルバトス/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
 

2位にランクインしたのは、ガンダム・バルバトスです。
 

ガンダムフレームの中でも汎用性に重点を置いた調整が行われており、あらゆる環境に適応できる可能性を秘めています。
 

見た目も武器も好みが別れるという声もあり、本編を見て好きになったという人も。

ガンダムとしてのモビルスーツの評価は低くても、ロボットという目線での評価は高いようです。

 

●3位 ゴッドガンダム/機動武闘伝Gガンダム
 

3位は、ゴッドガンダムです。

特徴的なデザインは、大河原邦夫さん。阿修羅のような6本の腕を持ち鎧武者やカブトムシのイメージも取り入れているそうです。
 

宗教的な理由から、海外版での公式名称はバーニング・ガンダム。優しい顔立ちにイケメンという声もあがっているそうです。

 

■ガンダムの魅力
 

ガンダムは、有人操縦式のモビルスーツ(MS)として認識されており、ファンの前で「ロボット」はNGワードとも言われています。

見た目の印象が人気の影響に大きく響いていますが、ストーリーの中での活躍や感情の寄せ方で、その差は変わってくるようです。

 

 

HORANE調べ
2019年1月
調査対象:10~40代の男女

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 2.0px 0.0px; font: 14.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
span.s1 {font: 14.0px ‘Helvetica Neue’}

関連記事

ページ上部へ戻る