キムタク娘も!1番ギャラが高そうな二世タレントって?

 

 

芸能界では有名人を親に持つ、いわゆる二世タレントが沢山活躍しています。

中には、二世であることを忘れさせるほどの目覚ましい活躍をする人もいるなど、彼らが一体どれくらいのギャラをもらっているのか気になるところです。

そこで今回は、10~40代の男女を対象に、ギャラが高そうな二世タレントについて調査。ランキング化してみました。

■質問内容

ギャラが高そうな二世タレントはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:市川海老蔵 36.0%
2位:Koki, 27.0%
3位:長嶋一茂 25.0%
3位:宇多田ヒカル 25.0%
5位:松たか子 24.0%
6位:船越英一郎 23.0%
7位:松田翔太 13.0%
8位:佐藤浩市 11.0%
9位:小泉孝太郎 10.0%
10位:石原良純 9.0%

●1位 市川海老蔵

まず堂々の第1位にランクインしたのは、市川海老蔵さん。

歌舞伎役者の市川團十郎さんを父に持ち、自身も歌舞伎役者である海老蔵さんは、その端正な顔立ちで映画やドラマなどでも活躍しています。

現代の歌舞伎を担う若手スターの一人であり、海外公演もこしているほか、複数のCMにも出演するなど、かなりの高額ギャラをもらっていることは間違いないでしょう。

●2位 Koki,

続いて第2位にランクインしたのは、Koki,さん。

木村拓哉さんと工藤静香さんという二人の人気芸能人の次女として知られるモデルのKoki,さんは2018年のデビュー時から話題性抜群でした。

15歳とは思えぬ大人らしい顔立ちと抜群のスタイルで様々な雑誌で表紙を飾り、高級ブランド『ブルガリ』や『シャネル』のアンバサダーに就任。

また、母である工藤さんのソロデビュー30周年アルバム『凛』で、3曲を書き下ろし、中島美嘉さんにも楽曲提供するなど、作曲家としての顔も持っているという多彩さも。

現在のギャラが高いのはもちろんですが、今後まだまだ高額になっていきそうな予感。

●3位 長嶋一茂

そして第3位にランクインしたのは、長嶋一茂さん。

元プロ野球選手であり、現在はタレントとして活躍している一茂さんは、伝説的なプロ野球選手・監督の長嶋茂雄さんの長男にあたります。

その破天荒でお茶目なキャラでバラエティ番組などで活躍するほか、元プロ野球選手の経験を活かしてスポーツキャスターや解説者としても多くの番組に出演。

また、その端正な顔立ちから俳優業もこなし、CMなどにも出演したりと、その活躍は多岐にわたるため、どれだけのギャラをもらっているか想像もつきませんね。

■二世感がない二世タレントたち!

また、同率3位には、演歌歌手である藤圭子を母に持つものの、二世タレントというイメージがあまりないトップシンガーの宇多田ヒカルさんがランクイン。

そのほかのところとしては、歌舞伎役者の九代目松本幸四郎さんを父に持つ女優の松たか子さん、俳優の船越英二さんと女優の長谷川裕見子さんを親にもつ船越英一郎さんなど、やはり二世タレントというイメージがあまりなく、長い間芸能人として活躍している人が多くランクインする結果となりました。

 

 

HORANE調べ
2019年1月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る