1位は意外?当然?住んでみたい都道府県TOP10

 

どういった地域に住むかによってライフスタイルは大きく変わります。
もし好きなところに引っ越しできるとしたら、どこに住みたいですか?

自然の美しい場所、おしゃれな街、交通の便がいいところなど、人によって求める条件は異なるでしょうが、理想とする土地はどこかしらあるはずです。

そこで、それぞれに違った魅力をもつ47都道府県のなかで「住んでみたい」と思われているのはどこなのか10代~50代の男女を対象に調査してみました。

 

■質問内容

住んでみたいと思う都道府県はどれですか?

 

■調査結果

1位:東京都        21.4%

2位:北海道        12.0%

3位:沖縄県        11.2%

4位:神奈川県        7.2%

5位:京都府        4.8%

6位:兵庫県        4.2%

7位:大阪府        4.0%

8位:千葉県        3.8%

9位:福岡県        3.0%

10位:愛知県        2.0%

 

 

●1位:東京都

意外なのか、当然というべきなのかわかりませんが、1位に選ばれたのは日本の首都である東京都でした。
やはり大都会・東京にあこがれている人はまだまだ多いようですね。

メディアでは東京の最新スポットやおしゃれな街並みなどをくり返し紹介しているので、一度は住んでみたいと思うのは当たり前かもしれません。
経済の中心地ですから仕事も多く、ものが豊富にそろっていて生活するのに不自由しないイメージもあるでしょう。
東京とひとくちにいっても人情味のあふれる下町から洗練された山の手までさまざまな顔を味わえるのも魅力です。

 

●2位:北海道

広大な土地と荘厳な風景でわたしたちを魅了してくれる北海道が、住んでみたい都道府県の2位に選ばれました。
ほかの地域では決して感じることのできない開放感にあこがれてしまいますよね。
新鮮な食材に恵まれているので、食べ物がとてもおいしいのも理由のひとつと思われます。
旅行で訪れた際に、このまま住んでしまいたいと感じた人も少なくないでしょう。

北海道のなかでも特に札幌市に住みたいという人が多いようです。
どことなく西洋風のしゃれた街並みで交通網もしっかりとしているにもかかわらず、家賃が安いのが人気の秘密といわれています。
 

●3位:沖縄県

北海道とは正反対の温暖な気候に恵まれている沖縄が3位にランクインしています。
年間をとおしてあたたかく、透きとおるような美しい海に囲まれた沖縄でのんびりと暮らしたいという人は後を絶ちません。

ゆったりとしたおだやかな性格の沖縄の人たちからも感じられるように、時間の流れがゆるりとしているのが特徴です。
沖縄ならではの美味しい食事を堪能しながら、健康的に過ごせていけそうな印象があるのではないでしょうか。

 

■実際に住むとなれば……

「東京」「北海道」「沖縄」は、どれも立派な観光地でもあります。
旅行で訪れたりテレビなどで紹介されたりしているイメージから「住んでみたい」と思って回答している人がほとんどではないでしょうか。

つまり、その地域の一面しか知らない可能性があります。
実際に東京は物価が高いので生活するには厳しいことがありますし、北海道の冬は想像を絶する寒さに耐えなければなりません。沖縄も何度も激しい台風に襲われる地域であるなど、どの土地にも必ずマイナスな面があります。

どこかの地域に永住するのであれば、このような厳しい現実にも目を向けることが大切です。
そう考えたときに、結局は自分の生まれ育った街が一番であると改めて実感するのかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る