結果に納得!完全に消えた歴代M-1優勝芸人ランキング

年に一度、漫才の頂点を決めるM-1グランプリ。
見事M-1王者に輝いたコンビは一夜で大スターになれることから、それをM-1ドリームと呼びます。
 
そんなM-1ドリームを掴んだコンビも気付いたら、最近見なくなったな・・・なんてこともあるのではないでしょうか。
 
そこで今回は歴代のM-1王者の中で、完全に消えたと思うのは誰かランキングにしてご紹介します。
 

■質問内容

 
完全に消えたと思う歴代M-1優勝芸人はどれですか。3つ以内でお選びください。
 

■調査結果

 
1位:笑い飯 26.0%
1位:とろサーモン 26.0%
3位:パンクブーブー 25.0%
4位:ますだおかだ 16.0%
5位:アンタッチャブル 12.0%
5位:トレンディエンジェル 12.0%
7位:銀シャリ 11.0%
7位:霜降り明星 11.0%
9位:フットボールアワー 5.0%
9位:サンドウィッチマン 5.0%
9位:NON STYLE 5.0%
 

●漫才だけではダメ!?第1位は二組がランクイン

 
第1位は「笑い飯」と「とろサーモン」がランクイン。
二組ともコンビ歴が長いですね、たしかに最近見かけない気がします・・・。
 
「笑い飯」は、Wボケを武器に毎年と言っていいほどM-1グランプリに最多出演したコンビ。
ラストイヤーで見事優勝を飾り、悲願の優勝となりました。
 
Wボケという他のコンビではなかなかやらない芸風も確立しており、漫才以外でのボケも秀逸なので、もう少しテレビに出てもいいはずなんですけどね。
 
ただどうしてもネタ見せ以外の番組だと、いまいち華がないのでパッとしないのでしょうか。
また噂だと、哲夫さんが坂上忍さんを批判して干されたという話も出ているようです・・・。
 
同じく1位の「とろサーモン」、なんと2017年、M-1グランプリ初決勝進出で優勝を獲得したコンビ。
これまで何故、決勝まで進まなかったのか疑問に思いますね。
 
優勝後はM−1効果で、スケジュールが一気にパンパンになったと喜びの声を上げていました。
 
が、姿を見なくなったのは、やはり2018年にあったM1騒動が原因と考えられます。
酔った久保田さんが、自身のSNSで審査員である上沼恵美子さんを批判する発言をライブ発信してしまったあの一件。
瞬く間に久保田さんに批判は殺到し、活動停止寸前まで行くほどに。
騒動自体は落ち着いたように見えますが、あの一件以来見かけなくなってしまいました。
 
第3位は「パンクブーブー」がランクイン。
M-1グランプリのみならず、THE MANZAIでも優勝を手にした超実力派コンビ。
 
優勝後ちょくちょくテレビ出演は増えましたが、すぐにその姿は見なくなることに。
本人たちもそれを自覚し、ネタにし「M1王者なのに何故売れない」論争はたびたびされていました。
 
キラーフレーズや一発芸がない、華がないとも言われていますが、お二人の仕事に対する考え方も真逆だそうで、それも一つの原因とも考えられます。
 

■優勝してからが大事!

 
芸人さんなら誰もが夢見るM-1ドリーム。
優勝したら一気に知名度も上がり、仕事も増えますがその後の姿勢が大事なのではないでしょうか。
 
注目されている分、発言や行動に気をつけないといけない、ということがよく分かる結果となりました。
 
HORANE調べ
2019年1月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る