頭が悪いと思われる人の特徴ランキング

学校や会社で、「この人頭悪いな…」と思う人はいませんか?

もしかしたら、そんなことを思っているあなたも、「頭悪いな…」なんて思われてしまっているかもしれません!

では、どんな時に「頭が悪い」と感じるのでしょうか?

頭が悪いと思われてしまう人の特徴を知っておきましょう。

 

頭が悪そうに感じる人の特徴、1位は〇〇がない人

 

どんな人が頭が悪いと思われているのかを調査すべく、10代~50代の男女を対象にインターネットでアンケート調査を行いました!

 

Q.頭が悪そうに感じる人の特徴はどれですか?

 

1位 常識がない…24.5% 

2位 言い訳が多い…23.5% 

3位 人のせいにする…22.4% 

4位 幼稚…20.4% 

5位 責任感がない…18.4% 

6位 空気が読めない…16.8% 

7位 嘘をつく…15.8% 

   気を遣えない…15.8% 

8位 時間にルーズ…12.8% 

9位 メンタルが弱い…12.2% 

10位 気分屋…11.7%

 

10位までをご紹介しましたが、僅差で1位にランクインしたのが、「常識がない」人。

いい大人が常識のない行動をしていたら嫌気がさしますし、できることなら関わりたくないとすら思ってしまうものです。

2位には「言い訳が多い」、3位には「人のせいにする」がランクイン。こちらも僅差での結果となりました。

言い訳が多かったり、人のせいにしたりする人は、姑息な手段を頻発する人なのでしょう。

すぐにバレるのに潔く間違いを認められなければ、やはり「頭が悪い」と思われてしまいますよね。

その他も、周りの人にため息をつかれてしまうことばかり…。

ひとつでも当てはまる心当たりのある方は、すぐにでも改めるようにしましょう!

 

常識がない人とは?

 

一位にランクインした「常識がない」人。

では、常識がない人とは具体的にどんな人のことをいうのでしょうか?

常識がない人の特徴をピックアップしてご紹介します。

 

・公共の場でのマナーが悪い人

 

常識がない人といえば、まず挙げられるのがこれ。

歩きたばこをする人、ゴミをポイ捨てする人、電車で大声で電話する人など、公共の場で人に迷惑がかかるような行動をしてしまう人が常識のない人だと言えるでしょう。

特に日本人は公共の場でのマナーを重んじる人が多いので、公共の場でマナーが悪ければ即「頭の悪い人」認定されてしまいかねません。

 

・人の迷惑を考えない人

 

「公共の場でのマナーが悪い人」にもつながる部分がありますが、人の迷惑を考えず、自分の考えや感情だけで動いてしまう人は非常識。

例えば、暇だからといって深夜に電話をする人、不躾な視線を送る人、嫌な仕事を押し付ける人など、自分の都合や要望を通したい一心で、相手が嫌な思いをしたり誰かに迷惑をかけていたりすることに気づきません。

この言動をすることによって相手はどう思うか、を考えて行動するようにしましょう。

 

・挨拶ができない人

 

職場、学校、住んでいるマンションなど、人に会ったら挨拶をするのが常識です。

都会ではお隣さんとも挨拶をしないご家庭も増えてきましたが、一日を挨拶から始めるのは気持ちのいいことですよね。

知人友人だったら、まずは挨拶から始めるのが基本です。

特に大人になればなるほど、挨拶のできない人は非常識だと思われます。

 

常識を身につけるために心がけたいこと

 

そもそも「常識」というものは世間の人がつくっていくもので、人との関わりの中から身についていくものです。

ですから、人との関わりを持たない人は、はやり「常識がない」と思われてしまいがち。

世間での常識を知るためにも、積極的に人と関わっていくことはとても大切なことだといえるでしょう。

 

頭が悪いと思われてしまう人の特徴をご紹介しましたが、当てはまる特徴はあったでしょうか?

挨拶をするなど、すぐに改善できるものもあるので、頭が悪いと思われないためにも、常識を身に着けることを心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る