出世しそうな血液型ランキング

 

だれよりも早く出世するような人とは、どのようなタイプなのでしょうか。
血液型でたとえて考えてみましょう。

血液型診断には科学的根拠はありませんが、それぞれの血液型のもつイメージを参考にしてもらい、10代~50代の男女に次のようなインターネット調査を行ってみました。

 

■質問内容

出世しそうな血液型はどれですか?

 

■調査結果

1位:A型(35.8%)

2位:O型(25.4%)

3位:B型(20.4%)

4位:AB型(18.4%)

 

 

●1位:A型

もっとも出世しそうと思われているのは、A型でした。
協調性が高く、まじめで勤勉なうえに、個人よりも組織を大切にするA型は会社にとってなくてはならない存在と考えられやすいのでしょう。
対人関係でも大きなトラブルを起こすこともありません。また、しっかりと計算して行動する傾向が強いので上司に評価されやすいのも理由といえそうです。

 

●2位:O型

バイタリティにあふれ、目標を定めたらとことん突き進んでいくO型も出世しやすいタイプのようです。
富や名誉に対する欲求も強いので、出世するための努力も苦になりません。出世欲をストレートに表現する人も少なくないでしょう。
仕事にはまじめに取り組み、部下の面倒見もよいので上司から高い評価を得られます。

 

●3位:B型

自由を好み、組織という枠にはめられると窮屈に感じてしまうB型は出世をそれほど望んでいないのかもしれません。
社内でもルールや秩序よりも、自分の興味のあることを重視するので協調性がないと評価されてしまうことも少なくないようです。
ただし、上司や部下など立場に関係なく人と打ち解けることを得意としているので、人脈をいかして出世しやすいタイプといえるでしょう。

 

●4位:AB型

常に冷静で感情を表にださないAB型は、やる気がないように誤解されることがあります。
実際に、AB型は権力や地位に興味がないので、出世欲がない人も多いようです。出世するためにライバルと競い合うといったことは避けたいと思っているでしょう。それより、個人で活躍できれば十分だと考えているタイプです。

 

■出世する人はこんなタイプ

向上心が高く、仕事に責任をもって取り組むのはもちろん、上司や部下から信頼されていなければ出世はできません。
先のことを考えて計画を立てて行動することができ、リーダーシップを発揮して会社に貢献できる人が高く評価されるでしょう。

出世したい気持ちがあることを周囲にアピールすることも大切かもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る