理想が崩れる!禁断のドロドロ恋愛映画12選

  • 2018/12/13

時に映画で実際にはありえないようなドロドロの愛憎劇を描くときがありますよね。夢も希望もない!とどんより重い気持ちになっちゃったりします。そこで今回は「これを観ると恋愛や結婚の理想が崩壊する映画」を聞きました!

■質問内容

これを観ると恋愛や結婚の理想が崩壊する映画はどれですか。

■調査結果

1位:昼顔 23.0%
2位:失楽園 17.0%
3位:人のセックスを笑うな 7.0%
4位:不機嫌な果実 6.0%
4位:セカンドバージン 6.0%
6位:ゴーン・ガール 5.0%
6位:ふがいない僕は空を見た 5.0%
8位:危険な情事 4.0%
8位:マディソン郡の橋 4.0%
8位:愛の流刑地 4.0%
8位:アイズ ワイド シャット 4.0%
8位:隣の女 4.0%

◆1位!昼顔

1位はダントツで『昼顔』がランクイン!社会現象ともいえるほど人気が出たドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』の劇場版です。『昼顔』は普通の主婦が教師である既婚男性と不倫関係に落ちていってしまうというストーリー。不倫してしまう主婦を上戸彩さんが演じられたことでも話題になりました。清純派で綺麗なイメージしかない上戸さん、しかもご結婚され子どもも出産されていたので「不倫妻」を演じるなんて!とまさかの配役でしたね。不倫相手の教師も斎藤工さんが演じられ、そのフェロモンにやられてしまう女性も多かったのだとか…。

不倫がお互いの配偶者にバレた後、一つの家庭は離婚を選び、一つの過程は再構築を選びます。映画はその3年後を描いたものでした。再度出会ってしまう二人。

既婚者でありながら恋に落ちていく、二人が燃え上がれば燃え上がるほど壊れていく家庭。まさに「幸せな家庭」という理想像が砕けた作品ですね。

◆2位!失楽園

2位には『失楽園』がランクイン!『化身』や『愛の流刑地』なども執筆した小説家渡辺淳一さんの作品の一つです。1995年から約1年間、日経経済新聞で連載していました。『昼顔』同様不倫を描いた作品で、愛に溺れる二人と壊れていく周囲の人間たちが描かれています。最後二人は雪が降る地の温泉宿で毒入りのワインを飲み心中。お互いの体が繋がったまま死に至りました。

ある種、理想の愛かもしれませんが「幸せな結婚」とは違いますね。小説家有島武郎の心中事件をオマージュしているらしく、なんとも胸が苦しくなる作品です。

◆3位!人のセックスを笑うな

『人のセックスを笑うな』が3位にランクイン!19歳の大学生と39歳の女性の恋を描いた作品。青年みるめを松山ケンイチさんが女性は永作博美さんが演じたことで話題になりましたね。年の差恋愛かぁ、いいなぁなんて思ってしまいそうですすが、永作さん演じるユリには夫がいます。つまり不倫です。

大学生の純粋な思いと彼の心を振り回すユリ。みるめのことが好きな女子大生のえんちゃんとえんちゃんを好きな堂本くん。まるでみんながみんな片思いしているような切ない想いが交差します。ユリが突如消えてしまい二人の恋は終わりを告げますが、なんともほろ苦い、理想的!とはいえない関係でした。

■やっぱり不倫はつらいよ!!

いかがだったでしょうか? 不倫が題材の作品が多くランクインしました。やはり禁じられた恋というのは誰かが傷つく可能性がありますから「楽しい恋愛」「幸せな結婚」という理想とはかけ離れてしまいますよね。ただ、不倫という禁断の愛を描いた作品は名作も多いのでぜひ観てみてください!

 

2018年11月
調査対象:10~40代の男女

ページ上部へ戻る