あびる優も!好きだったのに消えたおはガールとは…

人によっては、テレビ東京の「おはスタ」の「おはガール」を見ないと1日が始まらない!という人もいるのでは!?
ましてや、このままずっと続けてほしいなーと思う、お気に入りの「おはガール」だと尚更ではないでしょうか。
そこで今回は、好きだったのに消えたおはガールについて、10~40代の男女にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

 

■質問内容

好きだったのに消えたおはガールはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:ベッキー 35.0%
2位:上戸彩 15.0%
3位:鈴木杏 14.0%
4位:平井理央 9.0%
5位:蒼井優 8.0%
5位:酒井彩名 8.0%
7位:平祐奈 7.0%
7位:山田優 7.0%
9位:あびる優 6.0%
9位:末永遥 6.0%

 

●第1位 ベッキー

第1位は、ベッキーさんでした。

2000年4月から2001年3月まで、会員番号23番の「おはガール」でした。

以前ほどにはテレビで顔をあまり見られなくなってきたように感じられますが、ラジオ、雑誌等で活躍されていて、LINE公式アカウントは320万人のフォロワーがいるそうですよ。

ベッキーさんのこの人気は、本人の努力の成果とホンモノのファンの声の表れなのかもしれませんね。

●第2位 上戸彩

第2位は、上戸彩さんでした。

第7回全日本国民的美少女コンテスト出身というのは、有名ですよね。その上戸彩さんは、アイドルグループの「Z-1」(会員番号27番)のメンバーとして活動し、「おはガール」をつとめていたそうです。
2012年にEXILEのHIROさんと結婚し、一児の母となってからは、しばらくドラマには出演されていませんでしたが、それでもCM等で顔を見ない日はなかったですよね。
当時の上戸彩さんの「おはガール」を覚えているファンや視聴者は、現在母となり、女優としても活躍されている上戸彩さんの成長を見て、ますます応援したくなっているのではないでしょうか。

第3位 鈴木杏

第3位は、鈴木杏さんでした。

会員番号35番の「おはガール」で活躍されていました。子役時代はテレビやCMに引っ張りだこでしたよね。

大人の女性となってからは、演技力に定評のある女優として、舞台や映画に力を入れているようですよ。

「おはガール」時代のイメージとは違う鈴木杏さんを舞台で観ると、その演技にハマる観客も多いのではないでしょうか。

■優秀な「おはガール」たち

さて、みなさんがお気に入りの「おはガール」は、ランクインしていましたか?

歴代の「おはガール」の面々を見てみると、今でもテレビ、映画、CMなどで活躍されている女優さんが多いですよね。
この「おはガール」に選ばれることは、もはや一流の女優やタレントになるための、ステイタスみたいなものなのかもしれませんね。

 

 

 

2018年11月

調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る