オリラジにインパルスも…仲悪そうなコンビ芸人1位は?

「コンビとしてのファン」にとっては実に悲しいことと言えるかもしれませんが、同じコンビに属し、息の合った掛け合いを披露しつつも、その実、舞台の外では、いわゆる“コンビ格差”などから、険悪な関係になっているお笑いコンビも少なくないというのが実情です。

そこで今回は、10~40代の男女を対象に、仲が悪そうなコンビ芸人を調査。ランキング化してみました。

■質問内容

仲が悪そうなコンビ芸人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:オリエンタルラジオ 13.0%
1位:ウーマンラッシュアワー 13.0%
3位:アンタッチャブル 12.0%
4位:キングコング 10.0%
5位:アンジャッシュ 9.0%
6位:ホンジャマカ 8.0%
6位:とろサーモン 8.0%
6位:とんねるず 8.0%
6位:インパルス 8.0%
6位:ドランクドラゴン 8.0%

●1位 オリエンタルラジオ

まず堂々の第1位にランクインしたのは、オリエンタルラジオ。

デビューしてすぐに「武勇伝」ネタで大ブレイクを果たした彼らは、当初、ピッタリと息の合ったその掛け合いが、多くのファンを魅了していましたが、その後、徐々にソロとしての活動が目立つようになり、中田さんはインテリ系キャラとして、藤森さんはチャラ男キャラとして、それぞれ別々に活躍している姿が印象的です。

こうしたソロとしての活動からなのか、多くの人々が彼らを「仲が悪い」と感じているようですが、その実、ダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHとしては、今なお、ピタリと息のあったパフォーマンスを披露し、多くのファンを喜ばせています。

●同率1位 ウーマンラッシュアワー

続いて同率1位にランクインしたのが、ウーマンラッシュアワー。

毒舌系マシンガントークキャラの村本さんと、そんな村本さんとは対照的に、朴訥としたキャラが印象的な中川さんとのギャップが印象的な彼らは、村本さんが自身の番組で、しばしば中川さんの怠慢ぶりを強烈に批判していることなどから、「コンビ仲が悪い」というイメージがあるようです。

とはいえ、そうした村本さんによる批判コメントは、あくまで毒舌系トークを身上とする彼の芸風によるものであり、ある種の「ネタ」であると推測されるため、本当の意味で仲が悪いかと言えば、必ずしもそうでないといえそうです。

●3位 アンタッチャブル

そして第3位にランクインしたのが、アンタッチャブル。

ひたすらボケまくる山崎さんと、淡々としたツッコミを続ける柴田さんという、実に好対照なタイプの2人が織り成すテンポの良いネタ展開が印象的な彼らは、柴田さんに比べ、山崎さん単独での活動が印象的であるという、いわゆる“コンビ格差”が感じられるせいか、多くの人々が「仲が悪い」と感じているようです。

しかし、そんな彼らも今年でコンビ結成24年目。来年には四半世紀と、長期間にわたってコンビとしての活動を継続してきただけに、そのコンビ仲は意外と良いといえるのかもしれません。

■コンビとしてよりもピンとしての活動が印象的?

また、梶原さんと西野さんが、それぞれピンとして活動中のキングコングが4位にランクイン。

そのほかのとことろしては、児島さんが俳優業として、渡部さんが食通タレントとして活躍中のアンジャッシュや、恵さんが司会業へ、石塚さんが大食い系タレントとして磐石の地位を築いた感のあるホンジャマカ、塚地さんが個性派俳優として活動し、鈴木さんが毒舌タレントとして話題となるドランクドラゴンなど、それぞれの持ち味を活かす形で、ピンとして活動している印象の強いコンビがランクインする結果となりました。

 

 

2018年11月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る