この人が出てたら絶対ヒット?な名脇役女優1位は断トツで…

ドラマや映画の出来ばえは主演俳優で決まると思いがちですよね。
しかし主演は、デビューしたての新人や、強い事務所が売り出しているアイドルなど、それほど実力を伴わない人であることもしばしば。
そこで作品のレベルをぐっとあげるのが脇を固めるベテラン俳優達です。
この人の出ている作品ならきっと面白い、ヒットするだろうと10~40代の男女が思っている、プロフェッショナルな名脇役女優は誰なのでしょうか。

■質問内容

この人が出てたら絶対ヒットするなと思う名脇役女優はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:戸田恵子 23.0%

2位:キムラ緑子 16.0%

3位:片桐はいり 15.0%

4位:高畑淳子 12.0%

5位:木村多江 11.0%

6位:木南晴夏 10.0%

7位:濱田マリ 8.0%

7位:余貴美子 8.0%

9位:もたいまさこ 7.0%

9位:桃井かおり 7.0%

9位:山口紗弥加 7.0% 

●1位はキリッとした名女優

1位は23.0%で戸田恵子さんでした。
ドラマ「総理と呼ばないで(フジテレビ)」、映画「ラヂオの時間」など三谷幸喜作品への出演が有名ですが、他にも数えきれないほどの作品に起用されています。

テンポのいい演技とはっきりした顔立ちからコメディエンヌとして魅力的な一方、“ごく普通のおばさん”を演じてもしっくり来ますし、有能な働く女性役も似合います。

また、ハキハキとした耳に心地いい声も戸田さんの強み。
声優として「それいけ!アンパンマン」のアンパンマン役を演じており、まさに大人から子供まで、国民から愛される声の持主と言えます。

2位は16.0%でキムラ緑子さんでした。
出演すると(あ、戸田恵子)と思わせる存在感を放つ戸田さんに比べ、キムラさんは良い意味で本人の存在感は薄め。
ただ、その役としてそこに存在し、女優キムラ緑子が演じていることを意識させません。

最近では2018年の前期に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演されていましたが、実は過去にも連続テレビ小説4作品に出演しています。
大量の作品に出演しても作品ごとに印象が変わり見飽きることのない、“カメレオン女優”なんて呼び方もあるそうです。

3位は15.0%で片桐はいりさんでした。
定冠詞のように“個性派”と呼ばれる片桐さんですが、それは高い頬骨と、それを強調するような髪型のためでしょうか。
実際には“片桐はいり”を押し出すことなく、老け役、インテリ、主婦役など幅広く、柔軟に演じわける実力派です。

■陰の仕事人達

主役に比べれば注目されることのない脇役を手を抜くことなく演じきる女優達は、まさに仕事人。
日本のテレビ、映画、舞台は彼女達無しではまわっていきません。

2018年11月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る