正直可哀想…ハニートラップ被害者と言われる芸能人TOP10

正直可哀想…ハニートラップ被害者と言われる芸能人ランキング
 
ハニートラップ、まさに芸能界の闇と言っても過言ではないでしょう。
うっかり女性に誘惑され、スクープ写真を取られ、または仕掛け人の女性が週刊誌に情報を提供したり。
一瞬の気の緩みが芸能人生を終わりにさせてしまいます。
 
そこで今回はさすがにこれは可愛そうなのでは?と世間が声を揃えた男性有名人をご紹介します。
 

■質問内容

 
正直可哀想だと思うハニートラップ被害者と言われている男性有名人はどれですか。3つ以内でお選びください。
 

■調査結果

 
1位:明石家さんま 24.0%
2位:山口達也 23.0%
3位:狩野英孝 21.0%
3位:袴田吉彦 21.0%
3位:斎藤工 21.0%
6位:小出恵介 20.0%
7位:西川貴教 19.0%
8位:宮迫博之 13.0%
9位:山本圭壱 8.0%
10位:塩谷瞬 5.0%
 

●第1位はお笑い界の大御所!

 
第1位は「明石家さんま」がランクイン!
お笑い界の超大物のさんまさん、やはり大物だけあってか狙われることが多いのでしょうか。
そんなさんまさんがハニートラップにかかったのは、2013年セクシー女優との自宅デートを週刊誌が報じました。
当時さんまさんは58歳という、ハニートラップにかかるのは少々恥ずかしい年齢・・・。
 
しかし、このスクープはいくらか不可解なことが。
絶対にスクープされるはずがないスケジュールの組み方、またスケジュールが漏れるはずがないのに、なぜスクープされたのか。
これはハニートラップだったのでは?という見方があります。
 
また相手のセクシー女優はこのスクープを後に宣伝材料として利用したことから、世間はさんまさんを気の毒に思いました。
 
続いて第2位は「山口達也」がランクイン。
大人気ジャニーズメンバーのTOKIOのメンバーである山口さんが脱退までする騒動となりました。
2018年に報道されまだまだ記憶に新しいです。
 
キッカケは番組で共演した女子高校生に自宅で強制わいせつ。
あまりに衝撃的すぎる報道に、誰もが一瞬信じられなくなりました。
それは山口さんが持つ、クリーンなイメージ。
ニュース番組や人気バラエティ番組のレギュラーを持つことからも、とてもそんなことをするように見えないと世間は思いました。
 
しかし、未成年者に強制わいせつをしてしまったことはかなりのマイナスイメージ。
復帰することは不可能という自体になってしまいました。
ただ実際どうなのか?という声も多く上がっています、女子高生を使ったハニートラップなのでは?と一部では思われているようです。
 

■危険すぎる芸能界。

 
芸能界で有名だったり、力を持つ人は逆に言えば良からぬことを考える人に狙われやすいということ。
本当の事を言っても真実も消されてしまうことが常ですから、今活躍している人は危ない罠にかからないで欲しいですね。
 
2018年10月
調査対象:10~40代の男女

関連記事

ページ上部へ戻る