遊び目的の女性にやりがちなこと10選

「この人、もしかして私に気がある…?」と思う瞬間ってどんなときですか?

「デートや食事に誘われることが多い」「自分のことを求めてくれる」「甘い言葉を囁いてくれる」少しでもその男性に好意を持っていたら、ちょっとしたことでも「このままいけば付き合えるかもしれない」と女性は期待してしまいそうですが実際のところ、その男性の行動や発言、態度は本当に心の底から想っているのでしょうか?

そこで今回は、10~40代の男性を対象としたインターネット調査で「遊び目的の女性にやりがちなこと」を聞いてみました。

■質問内容

男性に質問!遊び目的の女性にやりがちなことはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:連絡はマメに取らない 32.0%
2位:会うときは絶対に夜 30.0%
3位:ボディタッチが多くなる 28.0%
4位:自分の情報は話さないようにする 26.0%
4位:急に呼び出す 26.0%
6位:時間&お金は使わない 24.0%
7位:外見をやたら褒めてしまう 18.0%
8位:密室空間に行く流れを作る 14.0%
9位:下ネタを話す 8.0%
10位:飲みの席で常に隣をキープする 4.0%

♥ 1位 連絡はマメに取らない

連絡を取ることは取りますが、基本的に本命女性じゃない限りマメには連絡を取り合うことはないようです。女性から連絡が来たとしても返事が遅かったり、最悪の場合返信がないなんてこともあるでしょう。ですが、男性側に用事ができたとき(遊びたいと思ったとき)は何事もなかったかのように平気で連絡をしてきます。もしこういった男性を好きになり、連絡が来たことに嬉しく思って会ってしまったのなら、確実に遊びの関係以上にはなれないと思ったいいでしょう。

♥ 2位 会うときは絶対に夜

社会人であれば、平日は基本的に夜しか時間は空いていないので夜に会うというのはおかしなことではありません。ただ、もし約束している日が土日祝日であるのにも関わらず、19時に待ち合わせとなってくると少し疑った方がいいでしょう。もし本命の女性であれば男性も好きな女性とは長い時間一緒にいたいと考えるのが普通です。夜に誘われる=一緒に食事をしたいからではなく、食事のあとにホテルへ誘いたいからというのが本当の目的と言ってもいいでしょう。自分が本命か遊びなのかわからないときは一度、明るい時間を提案してみるといいと思います。

♥ 3位 ボディタッチが多くなる

女性は好きな男性や気になる男性にしかボディタッチはしないと思います。男性も少なからず興味のある女性にしかボディタッチをしませんが、男性というのは本当に気になる女性、本当に好きな女性には簡単にボディタッチをすることはありません。なぜなら、その女性から嫌われたくないからです。馴れ馴れしいとも思われたくないですし、なにより軽い男だと思われたくないので、もしボディタッチが多い男がいれば「体が目的」で近づいてきていると思った方がいいでしょう。

 

 

■ 遊び相手になってしまっても自己責任… 

遊び目的で近づいてきた男が1番最低ですが、簡単に許してしまう女性側にも責任があります。悲しい思いをしたくないのであれば、簡単にホテルへ行くようなことはやめましょう。

 

2018年10月
調査対象:10~40代の男性

関連記事

ページ上部へ戻る